おでかけ動画マガジン

ヨガ・フィットネス

2016年11月26日更新

あなたの走り方は大丈夫?正しい腕の振り方でランニングが疲れない!

走る前に上半身をゆるめるストレッチをすることで、腕の振りが自然になりやすくなります。息は止めずに自然に行いましょう。

これはダメ! NGフォーム

肘が体の前に出て、肩が上がってしまい、体が前のめりに。

あなたの走り方は大丈夫?正しい腕の振り方でランニングが疲れない!の1番目の画像

これで改善! ストレッチ

あなたの走り方は大丈夫?正しい腕の振り方でランニングが疲れない!の2番目の画像

Tips1 上に伸ばすストレッチ

手のひらを一番高いところで合わせ、息を口から吐きながら体の横に肘からおろします。おろすとき、手のひらは外向きです。このストレッチで肩甲骨周りをゆるめます。

あなたの走り方は大丈夫?正しい腕の振り方でランニングが疲れない!の3番目の画像

あなたの走り方は大丈夫?正しい腕の振り方でランニングが疲れない!の4番目の画像

Tips2 前に伸ばすストレッチ

体の前面で手のひらを三角にし、息を口から吐きながら手を顔の横に持ってきます。胸を広げる感覚で肘は下げずに。

あなたの走り方は大丈夫?正しい腕の振り方でランニングが疲れない!の5番目の画像

あなたの走り方は大丈夫?正しい腕の振り方でランニングが疲れない!の6番目の画像

Tips3 横に伸ばすストレッチ(1)

両手を頭の上で合わせ、息を吐きながら横に倒します。左右を繰り返します。

あなたの走り方は大丈夫?正しい腕の振り方でランニングが疲れない!の7番目の画像

Tips4 横に伸ばすストレッチ(2)

両手を体の前で丸く組み、腕の下側から上を見るように体を回します。腰は中腰姿勢で。このストレッチを行うことで、姿勢が正しくなり、肩が上がらないフォームになります!

あなたの走り方は大丈夫?正しい腕の振り方でランニングが疲れない!の8番目の画像

あなたの走り方は大丈夫?正しい腕の振り方でランニングが疲れない!の9番目の画像

※呼吸は吸うときは鼻から、吐くときは口からが基本ですが、難しければ最初はやりやすい方法でかまいません。体に痛みがある場合や体調がイマイチのときは無理せずに。

取材・文/伊集院尚子

足の運び方でランニングがこんなに楽に!ビギナー走りをストレッチで矯正

足の運び方でランニングがこんなに楽に!ビギナー走りをストレッチで矯正

ヨガ・フィットネス

走った後のストレッチしてる?たった5分で明日に疲れを残さない方法!

走った後のストレッチしてる?たった5分で明日に疲れを残さない方法!

ヨガ・フィットネス

番場由衣
監修
番場由衣

この記事が気に入ったらアカウントをフォロー

関連する記事

「ヨガ・フィットネス」に関する人気記事ランキング