おでかけ動画マガジン

ビューティー

更新 2018.09.20 | 公開 2018.09.20

簡単「傷メイク」の作り方!自宅のコスメとティッシュでハロウィンメイク

ハロウィンメイクの定番「傷メイク」は、ティッシュと自宅にあるコスメだけで簡単に挑戦できます。「傷メイク」の作り方を動画でわかりやすくご紹介。今年のハロウィンは、どんな仮装にも合う本格的な「傷メイク」に挑戦してみませんか。

ハロウィンの定番メイクといえば「傷メイク」。一見難しそうに見えますが、意外と簡単に仕上げることができます。ティッシュや自宅にあるコスメだけで簡単に「傷メイク」を作る手順を動画でわかりやすく解説します。

ティッシュで簡単“傷メイク”に挑戦

傷メイク

材料

・つけまつ毛用の糊 or アイプチ
・ティッシュ
・コンシーラー
・アイシャドウ3色(茶色・青・黒)
・赤い口紅
・赤いグロス

TIP1:アイプチで傷の形を描く

アイプチ

アイプチやつけまつ毛用の糊を使って、作りたい傷の形を描きます。今回はえぐれたような傷口を表現するために、楕円形に仕上げます。

TIP2:ティッシュをちぎって貼る

ティッシュ

ティッシュを細かくちぎり、傷口の上に貼っていきます。ティッシュが浮かないように、少しずつ貼りつけていきましょう。

今回は傷口の周りの皮膚がめくれているように仕上げたいので、多めに貼りつけていきます。

POINT:傷口に“こより”を貼る

ティッシュ

ティッシュで“こより”を作り、傷口の一番内側に足しましょう。傷口がえぐれたような立体感を表現できます。

TIP3:ティッシュをコンシーラーでなじませる

コンシーラー

コンシーラーでティッシュを肌の色となじませていきます。色がしっかりのるように、少し固めのテクスチャーのコンシーラーを使うのがおすすめです。

TIP4:茶色のアイシャドウをまだらに塗る

茶色 アイシャドウ

茶色のアイシャドウを傷口の周りにまだらにのせていきます。濃い茶色のアイシャドウを使うと、怪我をして傷口が汚れているように仕上がります。

TIP5:赤い口紅で傷の中を塗る

赤い口紅

傷の中を赤い口紅で塗り潰しましょう。今回はマットな口紅を使いましたが、赤いトークやアイシャドウでも代用できます。

TIP6:青と黒のアイシャドウを加える

傷口

傷口の周りに青と黒のアイシャドウで色味を足していきます。青色を加えると内出血しているような印象を与えられる、おすすめのテクニックです。

TIP7:赤いグロスを傷口に重ねる

傷口 血

赤い口紅をのせた部分に、赤いグロスを重ねていきます。ラメやパールが入っていないグロスを選ぶと、リアルな血液を演出できます。

自宅にあるものだけで“傷メイク”の完成

完成 引き

ティッシュの毛羽立ちを調整したら、簡単“傷メイク”の完成です。作りたい傷の雰囲気に合わせて、ティッシュの量や口紅の色などを変更してみてください。自宅にあるグッズを活用して、簡単な傷メイクに挑戦してみませんか。

この記事が気に入ったらアカウントをフォロー

関連する特集

関連する記事

おすすめの記事