おでかけ動画マガジン

おでかけ

更新 2018.10.05 | 公開 2018.10.05

【埼玉紅葉スポット】有名な名所巡りができる「有馬渓谷コース」

「有馬渓谷コース」では、埼玉県飯能エリアを中心とする紅葉の名所を巡ることができます。「名栗湖・有馬渓谷」から「鎌北湖」まで、人気のスポット4カ所をご紹介。レジャーおでかけが充実すること間違いなしのコースです。

シーズンごとの釣りも楽しめる「名栗湖・有馬渓谷」

名栗湖・有馬渓谷の画像

概要

有馬ダムの周りにできた「名栗湖」には、約4.5kmにわたって周遊道路があります。シーズン中はワカサギ釣り(日釣り券700円)が楽しめるのも魅力です。

そんな名栗湖の上流に位置するのが「有馬渓谷」。豊かな自然の景観とダム湖とのコラボレーションが美しく、川魚を釣って楽しめる観光釣り場(ニジマス釣り1日券3,100円など)もあります。

色づき始めの時期

例年10月上旬

見頃の時期

例年10月下旬~11月中旬

ライトアップ

ライトアップはありません。

料金

無料

木の種類

もみじ、カエデ、桜

周辺情報

名栗温泉「大松閣」では、「日帰り昼食プラン(個室・食事付き/税込8,640円〜)」でゆったりくつろぎながら、和食膳や会席料理などがいただけます。

浴室は、開放感のある露天風呂と、大きな湯船でリラックスできる大浴場がメイン。泉質は低張性アルカリ性冷鉱泉で、神経痛や筋肉痛、関節痛などに効能があるとされています。

スポット情報

名栗湖

名栗湖

埼玉県飯能市下名栗

詳細はこちら

救世大観音など見どころ満載の「白雲山 鳥居観音」

白雲山 鳥居観音の画像

概要

「白雲山 鳥居観音」は、東京ドーム6.5個分の広さを誇る観光地。山頂には高さ23m(基壇除く)の救世大観音があり、インドや中近東の要素も取り入れた独特な建築様式が見どころです。

玄奘三蔵塔周辺の鮮やかな紅葉風景は、北野武監督作品「Dolls」にも登場しています。大鐘楼、納経塔、仁王門のあたりも紅葉が美しい場所。七観世音菩薩が安置された本堂の裏山も、色とりどりに染まった景色が楽しめます。

色づき始めの時期

例年10月中旬

見頃の時期

例年11月上旬〜中旬

ライトアップ

ライトアップはありません。

料金

徒歩:大人200円・子ども100円
自動車:500円
バイク:300円

紅葉祭り

2018年11月11日(日)10:00〜15:00に「なぐり紅葉まつり」を開催。ステージや出店があるほか、野点(のだて)もおこなわれます。

木の種類

イロハモミジ、イタヤカエデ、ヤマモミジ

周辺情報

「古民家ひらぬま」は、うどんやスイーツがいただけるお店です。築約120年の古民家を店舗として利用。長い歴史を感じる品がところどころに置かれ、落ち着いた空間が広がっています。緑豊かなお庭を眺めて過ごせるのも魅力。時がゆっくりと流れる中で、旅の疲れも癒やされるでしょう。

スポット情報

鳥居観音

鳥居観音

埼玉県飯能市上名栗3198

042-979-0666

詳細はこちら

広い境内をゆったり歩ける「秩父御嶽神社 東郷公園」

秩父御嶽神社 東郷公園の画像

概要

「秩父御岳神社」は、悪気退散・除災招福にご利益があるといわれる御嶽信仰の神社です。境内の広さはなんと1万5,000坪。「東郷公園」は東郷平八郎元帥にゆかりのある場所で、同神社の神苑として整備されています。

約1,000本ものもみじやカエデが色づく様子は圧巻。例年開催されるもみじまつりも大いに盛り上がります。

色づき始めの時期

例年11月上旬

見頃の時期

例年11月中旬~12月上旬

ライトアップ

例年11月15日~11月30日、17:00~20:00まで実施

料金

18歳以上100円 ※2018(平成30)年11月15日~30日のもみじまつり期間中

紅葉祭り

2018年11月24日(土)14:30ごろから前夜祭、2018年11月25日(日)10:00ごろから本祭のイベントを実施。前夜祭では、18:00からジャズ演奏も楽しめます。

木の種類

もみじ、カエデ、イチョウ、ケヤキ、山桜など

周辺情報

「焙煎工房 何必(かひつ)」は、埼玉県内のホテルや飲食店などにコーヒー豆を提供しています。丁寧な焙煎で仕上げるコーヒー豆は、「何必スペシャルブレンド(税抜800円)」をはじめラインナップ多数。さまざまな産地の味わいが選べます。好みに合わせて焙煎してくれるので、コーヒー好きならぜひ立ち寄りたいお店です。

スポット情報

東郷公園

東郷公園

埼玉県飯能市坂石580

042-978-0072

詳細はこちら

ボートに乗って湖上から景色が楽しめる「鎌北湖」

鎌北湖の画像

概要

「鎌北湖」は、1935(昭和10)年に農業用貯水池としてつくられました。奥武蔵自然歩道の入り口にもなっています。”乙女の湖”という別称があり、四季折々の風景を楽しめるスポットとしても人気です。時期によっては週末にボート営業もおこなっており、湖上から紅葉を楽しむこともできますよ。

色づき始めの時期

例年11月上旬

見頃の時期

例年11月中旬~12月上旬

ライトアップ

ライトアップはありません。

料金

スワンボート30分あたり1,000円、手漕ぎボート30分あたり500円

紅葉祭り

例年通りであれば、11月下旬に「鎌北湖紅葉まつり」を開催。民謡・歌謡のステージ、からみ餅や豚汁の配布など、多彩なイベントがおこなわれます。

木の種類

もみじ、桜

周辺情報

「四季彩の丘公園」は、自然の豊かな遊歩道と鎌北湖を見渡せる展望台、木製の渡橋などがきれいに整備されている公園です。ちょっとしたハイキングにぴったりのスポット。桜、ツツジ、アジサイ、もみじなどが植えられており、公園名が示しているように四季折々の彩りが楽しめます。

スポット情報

鎌北湖

鎌北湖

埼玉県入間郡毛呂山町 大谷木字鎌北

049-295-2112

詳細はこちら

美しい錦秋の景色を楽しめる「有馬渓谷コース」

埼玉県の飯尾エリアを中心に巡る「有馬渓谷コース」をご紹介しました。美しい紅葉を眺めるだけでなく、観光も満喫できるので、同エリアに初めておでかけする方にもぴったり。紅葉まつりに合わせて訪れれば、非日常の気分も味わえます。ぜひ、秋ならではの情緒あふれるムードを堪能してくださいね。

「有馬渓谷コース」紅葉マップ

【埼玉紅葉スポット】有名な名所巡りができる「有馬渓谷コース」の5番目の画像

この記事が気に入ったらアカウントをフォロー

関連するキーワード

関連する記事

おすすめの記事