ルトロン

おでかけ動画マガジン

EDIT 2018.10.07 ・ POST 2018.10.07

ゴルフ初心者必見!スコアアップに繋がるラウンド中のクラブ選択

東京都 > 六本木

  • 0

  • THANK YOU!
    あなたの「いいね!」が励みになります!

  • 4

  • 0

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

自分に合うクラブの選び方

クラブセットを購入したものの、似たようなクラブがたくさんあり、プレー中にどれを使えばいいのか分からないという方も多いのではないでしょうか。

今回は、それぞれのクラブの違いや、自分に合った選び方についてご紹介します。クラブ選びをマスターすれば、きっとますますラウンドが楽しくなりますよ。

アイアンの違いについて

アイアンの違いについて

ゴルフクラブの中で、最も本数が多い「アイアン」は、プレーの中核で活躍する重要なクラブです。

それぞれの違いは、クラブがボールを捕らえる“フェースライン”の角度と“シャフト”の長さ。番手一つにつき4~5度の刻みで角度が変化し、約10ヤード飛距離が変わるといわれています。番手の数字が上がるほど角度がつき、ボールを高く上げるショットになるため、飛距離が抑えられます。

例 7番アイアンの飛距離が100ヤードの場合

8番アイアンの飛距離・・・90ヤード

9番アイアンの飛距離・・・80ヤード など

飛距離には個人差があるため、事前の練習で自分の飛距離をクラブ別に確かめておくことが重要です。

短い距離でのクラブの使い方

短い距離でのクラブの使い方

ショットの力加減で飛距離をコントロールすることは難しいため、クラブの飛距離を理解して使い分けることが、ゴルフ上達への近道となります。

例えば、カップまでの距離が残り50ヤードの場合、100ヤード飛ばせるクラブを半分の力で打つということはせず、自身が50ヤード飛ばせるクラブを選択して打つのが基本です。

グリーン周りでのアプローチショットは、スコアに影響するプレーの要。短い距離で使用することが多い、サンドウェッジ(SW)やアプローチウェッジ(AW)、ピッチングウェッジ(PW)での自分の飛距離を理解しておきましょう。

クラブの揃え方

クラブの揃え方

アイアンは、セットでの購入が基本となります。メーカーによってフェースラインの角度にも違いがあるため、飛距離を把握しやすくするためにもメーカーは揃えて購入しましょう。

また、初心者の方はまず7本のハーフセットを揃えるのもおすすめ。クラブ別の飛距離や使い方を理解したら、上達とともに番手を少しずつ増やしていきましょう。

クラブの選び方をマスターしてスキルアップ

クラブの選び方をマスターしてスキルアップ

ゴルフはボールを遠くに飛ばす方がいいものだと思いがち。しかし最も重要なのは、自分の飛距離を知り、状況に合わせてクラブを選択することです。手持ちのクラブを練習でたくさん振って飛距離を理解し、まずはプレー中のクラブの選び方からマスターしてみませんか。

スポット情報

関連する特集

この特集のオススメ記事

関連する記事

人気記事

コメント

ログインまたは 新規登録してコメント投稿しよう!

コメントを投稿しよう!