ルトロン

おでかけ動画マガジン

EDIT 2018.10.06 ・ POST 2018.10.06

話題の“パルクール”を習得!「Tokyo PK Workshop」

東京都 > 永田町

  • 1

  • THANK YOU!
    あなたの「いいね!」が励みになります!

  • 26

  • 0

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

縦横無尽に街を駆け回るスポーツ「パルクール」。YouTubeやインスタで一度は目にしたことがある方も多いのではないでしょうか。

今回は、東京にある初心者や大人向けのパルクール教室「Tokyo PK Workshop」の松田さんに、パルクールの魅力や技のポイントについて教えていただきました。

「パルクール」とは?

板の台の上を飛び越える男性

フランス発祥の移動術トレーニング方法でありスポーツです。壁や柵などの建物や地形を活かして、走る・跳ぶ・登るなど、特別な道具を使わず、自分の体ひとつで目標地までたどり着くのがルール。

パルクールは、普段の生活やスポーツでの能力を鍛える目的のほか、動画映えすることから近年YouTubeやインスタなどで注目されています。その人気はオリンピック競技に検討されているほどなんです。

パルクール歴11年の松田さん

パルクール教室「Tokyo PK Workshop」の松田さん

今回は、パルクール歴11年の松田さんにパルクールについて教わってきました。松田さんは、16才から独学でパルクールを学んだのだそう。

今は初心者でも通えるパルクール教室「Tokyo PK Workshop」をオープンし、西新宿秋葉原永田町のスタジオでレッスンを開催しています。

エクササイズ効果も期待できる!

かがむ女性の足元

着地するときの衝撃を抑える足の動きやジャンプの動きなどで、足の筋肉をしっかり使うので代謝がアップします。パルクールには、ダイエットや引き締め効果も期待できるんです。

アクロバットな技を習得しつつ、ダイエット的な効果を見込めるのは一石二鳥のうれしいポイント。

パルクールの技「Landing」をマスター

パルクール「Landing(ランディング)」

初心者におすすめなのが、高い位置から飛び降りて着地の衝撃を吸収する「Landing(ランディング)」という技。手を地面につき、かかとを浮かせてお尻を後ろに突き出す体勢が、衝撃を吸収する格好です。体がバネになっているような感覚を意識します。

「Landing」は基礎中の基礎ですが、骨折などの怪我を回避するためにも重要な動きです。しっかりとマスターしましょう。

パルクールの醍醐味を楽しんで

板の台に向かって走り込む男性

半年、一年と練習を重ねてできる技が増えてくると、自分がどんなふうに動けているのか見えるようになるそう。日常のすべての景色に自分を投影し、ビジョンを描けるようにイメージしましょう。

パルクールの醍醐味は、普段の生活のなかで楽しめること。“ライフスタイルとしてのパルクール”を見出し始めたら、一人前のプレイヤーとして成長できた証拠ですよ。

「Tokyo PK Workshop」スタジオ情報

スタジオで体操する女性と男性

「Tokyo PK Workshop」の永田町スタジオは、日本で最初にオープンした朝活パルクール教室。2017年12月のオープン以降、100名を超える方がパルクールを体験しに訪れています。

3つあるスタジオのなかでも随一の広さを誇る永田町スタジオでは、広々とした空間の中、高さの異なるブロックを利用したさまざまなパルクールの動きを体験できます。動画撮影やインスタ投稿にもおすすめのロケーションです。

初めての方におすすめ「体験クラス」

はじめての方は、1時間でパルクールの基本を学べる「体験クラス」に参加してみてください。パルクール流ウォーミングアップやケガをしない安全な練習方法、パルクールの基本動作を体験できる初心者向けのコンテンツです。

運動神経に自信がない方や日常的に運動をしていない方、筋力に自身がない方でも大丈夫。 まずはパルクールの世界に触れてみましょう。

アクロバティックな動きができるようになる!?

板の台に飛び乗る男性

一見、あんなことできない! と思ってしまいますが、パルクールは人の本来持つ身体能力を引き出すトレーニング。勇気をだしてチャレンジすれば、あなたも軽やかにアクロバティックな動きができるようになるかもしれませんよ。

興味のある方はぜひ、松田さんが教えるパルクール教室「Tokyo PK Workshop」へ足を運んでみてください。

スポット情報

関連する特集

この特集のオススメ記事

関連する記事

人気記事

コメント

ログインまたは 新規登録してコメント投稿しよう!

コメントを投稿しよう!