おでかけ動画マガジン

ニュース

更新 2018.10.03 | 公開 2018.10.03

「エスティ ローダー 乳がんキャンペーン2018」プレス発表会レポ

「エスティ ローダー グループ」は26年にわたり、「乳がんキャンペーン」を実施しています。2018年はキャンペーンの一貫として、10月2日(火)~8日(月・祝)まで東京南青山に「ピンクリボン フラワー カフェ」をオープン。

そのオープンにあたり、2018年10月2日(火)【エスティ ローダー グループ「2018 乳がんキャンペーン」】プレス発表会を実施し、ルトロン編集部が参加してきました。その様子をご紹介します。

開会挨拶

「エスティ ローダー グループ」の亀田さんより、開会の挨拶・【エスティ ローダー グループ「2018 乳がんキャンペーン」】の概要・イベントプログラムの説明がありました。

故「エヴリン・H. ローダー」の想いが込められた映像を見て“なぜ「エスティ ローダー グループ」が「乳がんキャンペーン」を展開するのか”を知ることができました。

故「エヴリン・H. ローダー」の想い

スー フォックス

世界のどこかで19秒にひとり、“乳がん”と診断されていることをご存知でしょうか。故「エヴリン・H. ローダー」は、「乳がんのない世界へ」をビジョンとして26年前に「ピンクリボン」を共同で開発し、キャンペーンを開始しました。

現在ではさまざまな著名人や多くの方に賛同が広がり、活動が広がっています。

集まった資金は研究活動への支援に

「乳がんキャンペーン」を通して、「エスティ ローダー グループ」では世界中で7,600万ドル以上を集めました。その資金は「乳がん研究基金」を通して命を救うための研究に提供しています。

「エスティ ローダー グループ」の世界中で働く社員の内、現在までに4万6千人以上を「乳がんキャンペーン」に動員したそう。社内外にも理解が広がっています。

キャンペーンの目的・概要

プレス発表会には「エスティ ローダー グループ/ELGC 株式会社」代表取締役社長の「スー フォックス」氏も登場。故「エヴリン・H. ローダー」のストーリーと共に、「乳がんキャンペーン」に込める想いが伝わりました。

乳がんのない世界に

「乳がんキャンペーン」プレス発表会

1992年、故「エヴリン・H. ローダー」が「乳がんのない世界を創ること」を目的として「乳がんキャンペーン」を開始し、その翌年には「乳がん研究基金」を立ち上げました。

「エスティ ローダー グループ」では「エヴリン・H. ローダー」が亡くなった後も、「乳がんキャンペーン」を継続。2018年のテーマは「Time To End Breast Cancer (タイム トゥ エンド ブレストゥ キャンサー)#乳がんのない世界へ ~伝えたいメッセージを花に託して~」です。

フラワーアーティスト「ニコライ バーグマン」とコラボ

「乳がんキャンペーン」でコラボしたニコライ氏

2018年はデンマーク出身のフラワーアーティスト「ニコライ バーグマン」氏率いる「ニコライ バーグマン フラワーズ & デザイン」とコラボレーション。“美しい花をきっかけに、大切な人と乳がんについて会話してほしい”という思いが込められています。

期間限定!「ピンクリボン フラワー カフェ」オープン

東京・南青山にある「Nicolai Bergmann Flowers & Design Flagship Store(ニコライ バーグマン フラワーズ & デザイン フラッグシップ ストア)」を、「ピンクリボン フワラーカフェ」として期間限定でオープンします。

ピンク色の花でディスプレイされた店内は、幸せに包まれる空間に仕上がっています。

外観

「ピンクリボン フラワー カフェ」の外観

内観

「エスティ ローダー 乳がんキャンペーン2018」プレス発表会レポの5番目の画像

「ピンクリボン フワラー カフェ」の内装

期間

2018年10月2日(火)~8日(月・祝)

メニュー概要

オリジナル ドリンク「Juice of Hope」

・オリジナル ドリンク「Juice of Hope」発売(価格:750円(税抜)<1日15杯限定 オリジナルフラワーシール付>)
・オリジナルフォトスポット
・乳がんの知識を深めていただけるコンテンツ

日本における乳がんの傾向

清水千佳子先生

「国立国際医療研究センター 乳腺腫瘍内科/一般社団法人 JBCRG」の清水千佳子先生から「日本における乳がんの傾向について」トークセッションがありました。

毎年増加傾向

清水先生によると日本では乳がんにかかる女性が毎年増加傾向にあるのだそう。年間8万人が乳がんと診断されていて、年間約1万5千人の方が亡くなっています。

日本では「12人にひとり」の確率で乳がんと診断されており、まさにオトナ女子にとって他人事ではない病気です。

乳がんは“早期発見”が大切

乳がんを早期発見できた場合“5年の生存率”が「95%」あり、診断された後も生存する確率が高まっています。また女性が気になる乳房に関しても、しこり周辺のみの除去だけで済んだり、乳房そのものの再建もできるようになりました。

近年多くの治療薬が開発されており、ますます乳がんに対して有効な薬が開発されることでしょう。だからこそ早期発見が大切です。

ニコライ氏とスー氏のトークショー

フラワーアーティスト・ニコライ氏とスー氏によるトークセッションも。「乳がんキャンペーン」に込めた2人の熱い想いを聴くことができました。

乳がんについて話しやすい空間作り

「乳がんキャンペーン」プレス発表会でのトークショー

2人はもともと親交があり以前にもコラボレーションしたことがあるそう。スー氏はニコライ氏の作品を“息を飲むほど美しい”と絶賛。美しい作品は長く人々の記憶に残りますよね。メッセージを伝える今回のキャンペーンにぴったりだったそう。

またピンクのお花に包まれると幸せな気持ちになる人も多いのでは。その“幸せな気持ち”のなかで乳がんについて話してほしいとのスー氏の想いがあります。

ニコライ氏の想い

「乳がんキャンペーン」プレス発表会でのニコライ氏

「乳がん・がん」はふだん会話しにくいテーマですよね。作品には“花を通じて、乳がんやがんの会話をするきっかけづくりになってほしい”とのニコライ氏の想いが込められています。

「清水寺」でのインスタレーション

「乳がんキャンペーン」での京都・清水寺のライトアップ

ニコライ氏は、キービジュアルや京都「清水寺」で2018年10月1日(月)まで開催された「グローバル ランドマーク イルミネーション」でのインスタレーション展示も手がけました。ピンクのお花・ピンクリボンで装飾した球体のインスタレーションは存在感抜群だったとのこと。

「乳がんキャンペーン」プレス発表会でのニコライ氏

訪れた方に「乳がんキャンペーン」に関心を持ってもらえるように参加型の体験も実施。約400本もの竹が並ぶ空間があり、来場者がピンクリボンにメッセージを書き、そのピンクリボンを竹に結びました。ライトアップやインスタレーションを通して、多くの方が乳がんについて考えるきっかけになったのではないでしょうか。

レセプションパーティー

「乳がんキャンペーン」プレス発表会でのレセプションパーティー

トークショーが終わった後の歓談タイムでは、ピンク色のかわいいスイーツを堪能。パステルカラーのスイーツに乙女心をくすぐられました。

「乳がんキャンペーン」プレス発表会でのレセプションパーティーでの試飲

ピンク色の見た目がかわいいドリンクは、オリジナルドリンク「Juice of Hope」です。

ハッシュタグ投稿キャンペーン

「乳がんキャンペーン」のオリジナルフラワーボックス

【エスティ ローダー グループ「2018 乳がんキャンペーン」】の一貫としてInstagram(インスタグラム)を使った「ハッシュタグ投稿キャンペーン」を実施しています。

「ピンク色の花」または「ピンクリボン フラワー カフェ」にある「フラワーインスタレーション」を撮影し、「#乳がんのない世界へ」を付けて投稿しましょう。抽選で5名にピンクリボン限定の「オリジナルフラワーボックス」をプレゼントしてくれるそうですよ。

期間:2018年9月18日(火)~10月31日(水)

キャンペーン支援製品

「エスティ ローダー」の「乳がんキャンペーン」支援製品

「エスティ ローダー グループ」の8つのブランドでは、【エスティ ローダー グループ「2018 乳がんキャンペーン」】のキャンペーン支援製品としてハンドクリーム・リップ・コロンなどを販売。収益の一部を乳がん撲滅のための研究資金として利用されます。

数量限定で販売されるので気になる方は、ぜひ店頭で手にとってみてはいかがでしょうか。

イベント情報

ピンクリボン フラワー カフェ

ピンクリボン フラワー カフェ

2018年10月02日 〜 2018年10月08日

東京都港区南青山5-7-2 「Nicolai Bergmann Flowers & Design Flagship Store」

詳細はこちら

この記事が気に入ったらアカウントをフォロー

関連する記事

おすすめの記事