おでかけ動画マガジン

グルメ

更新 2018.10.13 | 公開 2018.10.13

神戸の中華街「南京町」で絶品中華グルメを食べ歩き!

兵庫・神戸にある中華街「南京町」。中華風の独特な景観や雰囲気は歩くだけでも楽しめますが、中華街の魅力はなんといっても食べ歩き! 「南京町」は豚まんや小籠包、北京ダックなど食べ歩きグルメの宝庫なのです。各お店自慢の中華料理をぜひ堪能してみませんか。

兵庫神戸にある「南京町」で、絶品中華グルメを堪能しませんか? 100以上の中華料理店や雑貨店が立ち並ぶ中華街は、食べ歩きグルメの宝庫。行列ができる豚まんや、本格北京ダックなどが堪能できます。中国を訪れたような景観や雰囲気とともに、おいしいグルメを満喫してください。

神戸の人気中華街「南京町」

南京町の長安門

日本三大中華街としても知られる神戸の人気観光スポット「南京町」。たくさんの人で賑わう通りには、100を超える中華料理や中華雑貨のお店が並んでいます。

「南京町」という名前は、もともとあった地名ではなく、神戸の人たちがチャイナタウンに付けた呼び名だそう。まるで中国を訪れたような気分を楽しめる独特の景観や雰囲気は、歩いているだけでもテンションが上がりますよ。

元祖豚まんの老舗「老祥記」

老祥記の店先に並ぶ人々

行列の長さが「南京町」随一というほどの人気を誇る豚まん専門店「老祥記(ろうしょうき)」。「天津包子(テンチンパオツー)」という饅頭を日本人好みの味に作り、日本で初めて「豚まん」という名前で売り出したお店です。

老祥記の豚まん

濃厚な旨みがぎゅっと詰まった「老祥記」の小さめの豚まんは、「南京町」を訪れたならぜひ味わってほしい逸品。

北京ダックの専門店「中華旬菜 華鳳」

北京ダック

神戸ならではの中華料理や旬の素材を使った豪華な料理を、リーズナブルな価格で味わえる北京ダックの専門店「中華旬菜 華鳳(かほう)」。

華鳳の食べ歩き用北京ダック

席について食べるイメージの北京ダックを食べ歩きできるよう、店頭でも販売しています。しっかりとお肉を味わえる本格北京ダックをお手頃価格で楽しんで。ビールのお供にもぴったりです。

2018年は生誕150周年!記念イベント実施中

「南京町」は2018年に生誕150年を迎えました。2018年3月15日(木)~2019年2月28日(木)まで「南京町」はもちろん神戸各所にて、150周年を祝うさまざまな催しが開催されています。

食や文化、エンターテインメントで贈る、アニバーサリーイベントをぜひ楽しんでくださいね。

公式ホームページ:「南京町」生誕150年

夜に訪れるのもおすすめ!

中華街「南京町」の通り

「南京町」は、市営地下鉄海岸線「旧居留地・大丸前駅」より徒歩2分、JR神戸線・阪神電車「元町駅」より徒歩5分ほどのところにあります。

夜に足を運ぶのもおすすめです。通りは、暗くなるとランタンが灯り、幻想的な雰囲気に。昼とは違う「南京町」の魅力を感じてみませんか。

スポット情報

南京町

南京町

兵庫県神戸市中央区栄町通1-3-18

078-332-2896

詳細はこちら

この記事が気に入ったらアカウントをフォロー

関連するキーワード

関連する特集

この特集のオススメ記事

関連する記事

おすすめの記事