おでかけ動画マガジン

ビューティー

更新 2018.12.05 | 公開 2018.12.05

ヨガインストラクターが伝授!瞑想に親しむヒント

瞑想を続けている先生たちに、瞑想に親しむための5つのヒントを伺いました。 今回は、ヨガインストラクターのリー先生です。

ヨガインストラクターが伝授!瞑想に親しむヒントの1番目の画像

1. 瞑想を始めたきっかけ

インドのアシュラム(ヨガ道場)でとても深く安らいだ感覚を味わって以来、瞑想が欠かせないものになりました。

2. いつも実践している瞑想の方法

朝はアーサナ(ポーズ)の練習をしてから20分ぐらい。夜は30分ぐらい。お風呂に入って体を清めてから瞑想するのが好きです。

穏やかで温かい意識の感覚に、心身が溶け込んでいくのを見守ります。アーサナも完成度にとらわれると練習がつらくなってしまうように、瞑想でも、結果への執着は手放しています。

3. 瞑想のどんな効果や魅力を感じているか

言葉にするのは難しいのですが、湧き上がる想いを手放すことで感覚を超えた安らぎに浸っています。私にとっては心身ともに自分を癒して元気をチャージする大切な時間です。

4. おすすめの本

『幸せとつながる言葉』(里江子/青春出版社)穏やかで温かい心に導いてくれる聖者さんの言葉を、著者として心をこめて紹介させていただきました。

5. 個人的なパワースポット

戸隠(長野県)、伊勢(三重県)、久高島(沖縄県)、出雲(島根県)、各地の禅寺、インド。

文 古金谷 あゆみ/「スタジオ・ヨギーのある生活」vol.20より

オリジナル記事:湧き上がる想いを手放して、安らぎに浸る 瞑想を親しむヒント vol.4

出典:https://www.studio-yoggy.com/article/article/tips/20161212-01/

ヨガインストラクターが伝授!瞑想に親しむヒントの2番目の画像

この記事が気に入ったらアカウントをフォロー

関連するキーワード

関連する特集

この特集のオススメ記事

関連する記事

おすすめの記事