ルトロン

おでかけ動画マガジン

EDIT 2018.11.18 ・ POST 2018.10.29

圧倒的スケール!平和島「TONDEMI」トランポリンで遊ぼう

東京都 > 羽田

  • 0

  • THANK YOU!
    あなたの「いいね!」が励みになります!

  • 115

  • 0

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

東京・平和島にある「SPACE ATHLETIC TONDEMI “HEIWAJIMA”(スペースアスレチック トンデミ “ヘイワジマ”)」は、次世代型屋内アスレチック施設。敷地、道具、すべてが圧倒的スケールです。世界初導入のトランポリンもあり圧倒的なエンターテインメント性で大人から子どもまで楽しめます。

「TONDEMI “HEIWAJIMA”」とは

「TONDEMI」

「SPACE ATHLETIC TONDEMI “HEIWAJIMA”」は、3階建て敷地面積約1,200坪のフラッグシップ施設。その大きさに加え、海外から取り寄せたクライミングウォールのアクティビティが外から見えるようになっており、インパクトは抜群です。

名前の由来

「新奇性」のあるアクティビティを体験できるという理由からきており、関西弁でいう「レッツジャンプ」の意味になる「飛んでみ!」も由来のひとつ。飛んだり、空中で動くアクティビティが多いことからつけられたそう。

テーマは「対決」

「TONDEMI “HEIWAJIMA”」は国内二号店。初号店は千葉・幕張にある「イオンモール幕張新都心店」。「TONDEMI “HEIWAJIMA”」では“対決”をテーマに、よりアクティビティのスケールやスペックをパワーアップ。さらに新たなアクティビティもラインナップしています。

圧倒的なアスレチックが6エリアも

「トランポリン」

トランポリンエリア

全54面、約200坪のトランポリンエリアは国内最大級。競技用トランポリンを作るミズノグループセノー株式会社と共同開発の新型トランポリンは、世界初導入です。自由にジャンプを楽しめる「フリーゾーン」からゲームの主人公になりきってジャンプを楽しめる「アクションジャンプゾーン」まで、6つのゾーンがあります。

エアーランエリア

大人から子どもまで楽しめるエアー障害物アスレチックコースです。エアーでできた障害物を避けたりくぐったりしながらゴールを目指す新感覚アスレチックです。

キッズエリア

ご利用制限によって通常アクティビティを体験できないお子様向けエリアで、アクティビティの「キッズ版」となるアクティビティ6種類が楽しめます。

ロープウォークエリア

アメリカのROPES COURSES社製から出ている「Sky Trail®Discovery」と「Sky Tykes®」を国内で屋内初導入したエリアです。「Sky Trail®Discovery」には難易度の異なる12種類のアクティビティがあり、それぞれアクティビティを楽しむことができます。「Sky Tykes®」は利用制限によって遊べないお子様のためのアクティビティ。キッズ向けに改良されたアクティビティで、“初めてのアスレチック体験”ができるエリアです。

クライミングウォールエリア

難易度が異なる14種類19コースを用意した大人から子どもまで楽しめるエリアです。減速装置付きのロープを装着してクライミングをするので安全。お友達とゴールまで競ったり、デートでクライミングにチャレンジしてみたり楽しみ方はいっぱい。

ペダルカートエリア

ペダルを漕ぐことでカートが進む単純ながらエキサイティングできるエリアです。家族や友達と競い合って楽しめること間違いなし。

トランポリンエリアのスタッフは本格的

「トランポリン」

トランポリンエリアには、有名体育大学出身者やトランポリン競技インターハイ優勝者など豊富な経験を持ったスタッフも。丁寧に教えてもらえるので、初心者の方でも安心安全に楽しくトランポリン体験ができます。

雨の日でも楽しめる

「TONDEMI “HEIWAJIMA”」では、暑い日も寒い日も雨の日でも、空調の効いた館内でアスレチックを楽しむことができます。「遊びに行きたかったのに雨だしなあ」なんて日も「TONDEMI “HEIWAJIMA”」なら大丈夫。圧倒的スケールのアクティビティが、都心部で楽しめますよ。

世界初のトランポリンを体験してみて

世界初導入のトランポリンを体験できるのは「TONDEMI “HEIWAJIMA”」だけ。本格的で広い施設なので、何度でも訪れてみてください。

スポット情報

関連する特集

この特集のオススメ記事

関連する記事

人気記事

コメント

ログインまたは 新規登録してコメント投稿しよう!

コメントを投稿しよう!