ルトロン

おでかけ動画マガジン

EDIT 2018.11.11 ・ POST 2018.11.11

ゴルフスコアを左右する「パター」の打ち方

東京都 > 六本木

  • 0

  • THANK YOU!
    あなたの「いいね!」が励みになります!

  • 3

  • 0

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ゴルフをしていて一番慎重になる「パター」。グリーン上でカップインをする際に使うパターは、少しのずれでうまく打てなくなってしまいます。そんなパターをうまく打つコツをご紹介します。パター上手なゴルフ女子になってみませんか。

パターとは

「パター」

繊細なグリーン上で使用する、最後にカップにボールを入れるためのクラブです。ここをうまく打ち一発で決めるかどうかによってスコアが左右されます。

TIP1:傾斜を確認する

「傾斜の確認」

コースのグリーンによって傾斜はさまざま。その日の風向きでも打ち方が変わってくるので、慎重にボールのラインを読むことが大切です。ラインを決めたら慎重に打ちましょう。

TIP2:自分のマーカーを取る

「ボールのマーカーを取る」

グリーン上では同伴プレイヤーの邪魔にならないように、ボールにマークをします。マークする際は、ボールを動かさないように後ろにマーカーを置き、ボールを拾い上げます。これでマーカー完了です。自分のプレイを行うときは、忘れずボールのマーカーを取るようにしましょう。

その際、カップに近づかないように気をつけて。

TIP3:ボールを真上から見る

「ボールの見方」

足幅は肩幅より少し狭めに開きます。大きく開きすぎると打ちにくくなります。

TIP4:三角形を意識

「三角形を意識」

肩と手が三角形になるように意識します。このとき膝は少し曲げましょう。打つときはクラブをまっすぐ動かしていきます。

ぶれるとボールにしっかり当たらないので注意して。

注意ポイント

両足がクラブにつられて一緒に動いてしまったり、手首だけを動かすことがないように注意して。体全身を使ってボールを打ちましょう。その際バランスよく立つことを意識して。

スポット情報

関連する特集

この特集のオススメ記事

関連する記事

人気記事

コメント

ログインまたは 新規登録してコメント投稿しよう!

コメントを投稿しよう!