ルトロン

おでかけ動画マガジン

EDIT 2018.11.04 ・ POST 2018.11.04

女性でも簡単にできる護身術!後ろから両手を掴まれた時の対処法

東京都 > 表参道・青山

  • 1

  • THANK YOU!
    あなたの「いいね!」が励みになります!

  • 17

  • 0

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

後ろからいきなり両手を拘束されたら、あなたはどうしますか?そんなこと起こらない、なんてのんびり構えているといざというとき後悔するかも。今回は「突然後ろから両手を掴まれた場合の護身術」をご紹介。もしものときに自分を守れる、強い女性を目指しましょう。

突然後ろから両手首を掴まれたときの対処法

後ろから腕を掴まれている女性

後ろから両手を握られてしまうと、腕をそのまま引き抜こうとしても、力不足でなかなか抜けません。男性の力で握られてしまうとなおさらです。

そんなとき、力任せに引っ張らず体を寄せて危険を回避することをポイントに動けば、女性の小さな力でも簡単に相手の拘束を振り払うことができますよ。もしものときに自分の身をしっかり守れるように、対処法を身に付けておきましょう。

TIP1:右手に体を寄せて力の入る状態を作る

突然後ろから両手を掴まれた場合の護身術

まずは、しっかり力の入る状態を作ります、右側を向くようなイメージで体を寄せ、ひじを曲げ右手を上げてください。

TIP2:右手を前方へチョップ

突然後ろから両手を掴まれた場合の護身術

右手は自然に手のひらが上を向くので、そのまま水平に手前にチョップ。相手の手を振り抜いたら、その勢いで体を左に回転させます。

TIP3:体を回転させたら左手も水平チョップ

突然後ろから両手を掴まれた場合の護身術

左足を軸に体を反転させ、相手と向き合います。すると自然と左手の甲が上を向くので、そのまま外向きに水平チョップをして相手の手を振り払います。

〈ポイント〉チョップは体を回転させて流れるように

突然後ろから両手を掴まれた場合の護身術

一連の動きを流れるようにできるとベスト。右手を外す動きの勢いで体を動かし、左手を連続で外します。

TIP4:相手の様子を伺いながら逃げる

手を振りほどけたら、相手にスキを見せないよう警戒を怠らずに逃げましょう。ある程度距離を置くまでは、背中を見せずに後ずさりで離れてくださいね。

※ご紹介している護身術についてはご本人の責任において使用してください。
※護身術を使用した場合のご本人や相手の怪我などの責任は負いかねます。
※刑事、民事を含めた訴訟についても同様となります。

スポット情報

関連する特集

この特集のオススメ記事

関連する記事

おすすめ記事

コメント

ログインまたは 新規登録してコメント投稿しよう!

コメントを投稿しよう!