ルトロン

おでかけ動画マガジン

EDIT 2018.11.11 ・ POST 2018.11.11

ゴルフ女子必見!「3番ウッド(スプーン)」のコツをつかんでスキルアップ

東京都 > 六本木

  • 0

  • THANK YOU!
    あなたの「いいね!」が励みになります!

  • 3

  • 0

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ゴルフのスコアを伸ばすうえで、飛距離は大切ですよね。3番ウッドは、ドライバーの次に飛ばせるクラブ。コツをつかんで、3番ウッドを使いこなしましょう。

3番ウッド(スプーン)とは

「ゴルフ」

3番ウッドは「スプーン」と呼ばれ、ドライバーの次にシャフトが長いフェアウェイウッドのひとつ。ロフトが少ない(ロフトが立っている)のが特徴のクラブです。

ヘッドの形状は、ドライバーを小さくしたようなウッド型。ティアップして打つことを前提としているドライバーに対し、3番ウッドは地面にあるボールを打つクラブとして作られています。

3番ウッドの役割

ドライバーの次に飛ばせるクラブが3番ウッドです。そのため、ミドルホールやロングホールのティーショットで使われます。

また、距離のあるミドルホールのセカンドショットで芝の上から使うことも。ほかにも、距離のあるショートホールで3番ウッドが使われることもあります。

TIP1:ボールの位置は左かかとよりボール1つ分右

「ゴルフ 3番ウッド」

ボールの位置は、左足かかとの延長線上よりボール1つ分右に置いてください。ボールの位置だけでも打ち方に影響が出ます。この位置を覚えてくださいね。

TIP2:左腕がまっすぐになるように振り上げる

「ゴルフ 3番ウッド」

ドライバーで打つときと同様に、左腕がまっすぐになるように振り上げます。手の位置は、頭の位置よりも少し低い位置になるように意識しましょう。

TIP3:ボールを横から払うようにスイングする

「ゴルフ 3番ウッド」

ボールを横から払うようにスイングしましょう。鋭角的に打ち込みすぎたり、ボールを打ち上げようと下から持ち上げるようなスイングにならないように注意してください。

3番ウッドを習得してスコアアップを目指そう

「ゴルフ」

ゴルフ女子が増えている今だからこそ、実力をつけてスコアアップしていきたいですよね。3番ウッドのコツをつかんで飛距離を伸ばし、こっそり周りのゴルフ女子と差をつけてみてください。

スポット情報

関連する特集

この特集のオススメ記事

関連する記事

人気記事

コメント

ログインまたは 新規登録してコメント投稿しよう!

コメントを投稿しよう!