おでかけ動画マガジン

ニュース

更新 2018.12.07 | 公開 2018.12.07

家族旅行や冬休みのお出かけに。静岡県・伊東市の冬の魅力をご紹介!

静岡県・伊東市は、家族みんなが“笑顔という最高の想い出”を持ち帰ってこられる、おでかけスポットです。珍しい冬花火や日本一に選ばれたイルミネーション、冷えた体を温める温泉など伊東市の“冬”の魅力をご紹介します。

ルトロン限定特典

海賊レストラン「GRANTEI」にてドリンクバーサービス!

伊豆高原グランイルミ ~4thシーズン~

有効期限:2019年5月2日(木)23時59分まで

詳細はこちら

伊豆ぐらんぱる公園の「伊豆高原グランイルミ」

家族旅行や冬休みのお出かけに。静岡県・伊東市の冬の魅力をご紹介!の1番目の画像

2018年で4年目を迎える伊豆ぐらんぱる公園の「伊豆高原グランイルミ」。東京ドームおよそ2個分の広大な敷地で600万球が色とりどりの光を放つイルミネーションは圧巻です。

イルミネーション上空をワイヤーロープで滑る、日本初の体験型イルミネーション「ジップライン~流星RYUSEI~」をはじめ、新スポット「イルミ de Zoo」では夜行性の動物「キンカジュー」のエサやり体験などの体験型アトラクションが楽しめます。

また「フルカラーレーザーショー」や約60mの大型LEDビジョンに映し出される「グランビジョンショー」、音楽に合わせて光が踊りだす「光と音のショー」の3つのショーも楽しめますよ。

イベント情報

伊豆高原グランイルミ ~4thシーズン~

伊豆高原グランイルミ ~4thシーズン~

2018年10月20日 〜 2019年08月31日

静岡県伊東市富戸1090

0557-51-1122

特典あり

詳細はこちら

とっておき冬花火大会&冬のよさこいソーズラ祭り

家族旅行や冬休みのお出かけに。静岡県・伊東市の冬の魅力をご紹介!の2番目の画像

澄みきった真冬の夜空にファンタジックな花火が打ち上げられる花火大会が、2018年12月22日(土)に開催されます。会場では約60店が出店するフリーマーケット「フレンドシップバザール」も同時展開。

全国から集まったよさこいチームが舞競う「冬のよさこいソーズラ祭り」も必見です。活気ある踊りや花火によって、会場は熱気に包まれること間違いなし。

イベント情報

とっておき冬花火大会&冬のよさこいソーズラ祭り

とっておき冬花火大会&冬のよさこいソーズラ祭り

2018年12月22日 〜 2018年12月22日

なぎさ観光駐車場・按針メモリアルパーク・なぎさ公園・伊東海岸

詳細はこちら

伊東温泉シャイニークリスマス2018

家族旅行や冬休みのお出かけに。静岡県・伊東市の冬の魅力をご紹介!の3番目の画像

伊東市街地にある「松川藤の広場」に2018年12月1日(土)〜12月25日(火)までクリスマスイルミネーションが出現します。

6mのモミの木の巨大クリスマスツリーに2万球の電球の灯りがともります。開催期間中の12月22日(土)〜12月25日(火)4日間限定でツリーの周りにはキャンドルも設置され、飲食店も出店するなど賑わいをみせます。

伊東温泉シャイニークリスマス2018

日時/2018年12月1日(土)〜12月25日(火)
場所/松川藤の広場

カピバラ露天風呂

家族旅行や冬休みのお出かけに。静岡県・伊東市の冬の魅力をご紹介!の4番目の画像

「元祖!カピバラの露天風呂」は「伊豆シャボテン動物公園」の冬の風物詩。露天風呂に気持ちよさそうに入浴するカピバラに癒やされてみませんか。

「元祖!カピバラの露天風呂」の歴史

1982年の冬のある日、飼育員がお湯で展示場の掃除をしていたときに、小さなお湯だまりにカピバラたちが集まってきて手足やおしりをつけて気持ちよさそうにしていました。池にお湯を入れてお風呂をつくったところ、カピバラたちが入浴をしてくれたのだそう。

それ以来35年以上もの月日のなかで、カピバラたちにとって露天風呂はかかせないものになり、伊東の冬の風物詩となりました。

元祖!カピバラの露天風呂

期間/2018年11月17日(土)〜2019年4月7日(日)
場所/伊豆シャボテン動物公園
開催回数/平日:1日1回(13:30~14:30)
土日祝:1日2回(10:30~11:30、13:30~14:30)

スポット情報

伊豆シャボテン動物公園

伊豆シャボテン動物公園

静岡県伊東市富戸1317-13

0557-51-1111

詳細はこちら

伊豆クラフトハウス

家族旅行や冬休みのお出かけに。静岡県・伊東市の冬の魅力をご紹介!の5番目の画像

「伊豆クラフトハウス」はカフェを併設したガラス細工の体験工房です。
「吹きガラス」や「サンドブラスト」などのガラス細工をつくる体験は、ガラスアーティストたちが丁寧にサポートしてくれるので、どなたでも楽しく「コップ・アクセサリー・お皿・マグカップ・花瓶」などのオリジナル作品をつくることができます。旅の想い出に、手づくりの作品はいかがでしょうか。

スポット情報

伊豆クラフトハウス

伊豆クラフトハウス

静岡県伊東市大室高原8‐531

0557-51-5355

詳細はこちら

伊豆高原プリン

地元の牛乳、はちみつをはじめ良質の原料を使用してつくられたプリンの販売を行う「伊豆高原プリン」では、伊豆のおいしさを詰め込んだ自慢のボトルスイーツをいただけます。季節に応じて常時6~10種類のプリンが揃っています。

「伊豆のはちみつジュレ&フランボワーズ」 460円(税込)

家族旅行や冬休みのお出かけに。静岡県・伊東市の冬の魅力をご紹介!の6番目の画像

「伊豆のはちみつジュレ」のプリン第二弾となるフランボワーズ。チーズプリンとはちみつジュレに、さわやかな甘酸っぱさのフランボワーズがマッチしています。

「伊豆高原プリン ベイシック」380円(税込)

家族旅行や冬休みのお出かけに。静岡県・伊東市の冬の魅力をご紹介!の7番目の画像

「伊豆高原プリン ベイシック」は、「伊豆高原プリン」に訪れたらまずはじめにいただきたい、お店の出発点となるプリンです。

スポット情報

伊豆高原プリン 本店

伊豆高原プリン 本店

静岡県伊東市富戸1103-21

0557-48-7791

詳細はこちら

まご茶漬け(和食 かっぽれ)

家族旅行や冬休みのお出かけに。静岡県・伊東市の冬の魅力をご紹介!の8番目の画像

「まご茶漬け」とは、伊東を中心に伊豆に伝わる郷土料理。もともとは漁師料理で、海の上で釣りたてのアジをたたいて味噌や薬味と混ぜてなめろうをつくり、これに出汁や茶をかけて食べていたのが始まりです。

名前の由来は孫に食べさせたいほど美味しいからとも、船の上でまごまごせずに素早く食べられるからともいわれています。「まご茶漬け」が食べられる「和食 かっぽれ」では、天城産の生わさびとともにいただくことができます。

「和食 かっぽれ」

「まご茶漬け 1,280円(税込)」

アジのたたきをアツアツのご飯にのせ、食べる直前に白湯をかけていただきます。お好みで伊東名産のわさびをおろして味の変化も楽しめ、お酒を飲んだ後の〆の一品としても人気のある料理です。

スポット情報

和食 かっぽれ

和食 かっぽれ

静岡県伊東市中央町12-2

0557-37-8405

詳細はこちら

立ち寄り温泉 伊豆高原の湯

家族旅行や冬休みのお出かけに。静岡県・伊東市の冬の魅力をご紹介!の9番目の画像

伊東温泉は、平安時代の開湯とされる歴史ある温泉。江戸時代には徳川家光への献上湯を行い、湯治場としても栄えました。明治期以降には「幸田露伴(こうだろはん)」や「川端康成」など多くの文人が訪れたことでも有名です。

昭和初期の建築様式をそのまま残す木造3階建の温泉旅館「東海館」は、廃館後も伊東市を代表する観光施設となっており、人気マンガ『テルマエ・ロマエ』に登場する温泉旅館のモデルとなったことでも知られています。

湯処「立ち寄り温泉 伊豆高原の湯」では、豊富な湯量とさらりとした単純泉の泉質が特徴の伊東温泉を、贅沢な源泉かけ流しの湯で楽しめます。また泥パックを無料で体験でき、思い出の一枚を撮ることができます。老若男女を問わず誰でも気軽に楽しめる低刺激のお湯で、冷えた体を温めませんか。

スポット情報

立ち寄り温泉 伊豆高原の湯

立ち寄り温泉 伊豆高原の湯

静岡県伊東市八幡野1180

0557-54-5200

詳細はこちら

冬しか体験できないイベントが盛りだくさんの伊東市に、是非訪れてみてはいかがでしょうか。

この記事が気に入ったらアカウントをフォロー

関連する記事

おすすめの記事