ルトロン

おでかけ動画マガジン

EDIT 2018.11.17 ・ POST 2018.11.17

宇治茶専門店の老舗「三星園 上林三入 本店」で抹茶づくり体験

京都府 > 宇治

  • 0

  • THANK YOU!
    あなたの「いいね!」が励みになります!

  • 10

  • 0

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「三星園 上林三入(みつぼしえん かんばやしさんにゅう)本店」は京都宇治にお店を構える老舗の宇治茶専門店です。

自分で挽きたてのお抹茶を点てられる「抹茶づくり体験」が大人気。併設されている「宇治茶資料室」や「喫茶室」などもご紹介します。ぜひ参考にしてくださいね。

宇治茶専門の老舗「三星園 上林三入 本店」

創業約500年の老舗

「三星園 上林三入 本店」の外観

天正年間創業の「三星園 上林三入」は、約500年もの歴史を誇る老舗の宇治茶専門店です。現在は16代目がお店を切り盛りし、昔から伝わるお茶の心を次世代へと伝えています。

地図記号の由来「三星紋」

「三星園 上林三入 本店」の看板

「三星園 上林三入」の紋所「三星紋」は、茶畑の地図記号である「茶畑記号」の由来となったと伝えられているそう。

「三星紋」が入った看板を目印にお店を訪れてみてはいかがでしょうか。

将軍家御用御茶師「上林三入」

代々「三星園 上林三入」の当主は店名にもなっている「上林三入」と名乗ります。初代「上林三入」は、戦国時代の終わりから江戸時代のはじめにかけて活躍した宇治茶師です。

徳川将軍の取り巻き大名を中心に多くの武将たちと交流を持ち、“将軍家御用御茶師”として活躍しました。

話題性抜群!後継者はスイス人の娘婿

「三星園 上林三入 本店」の娘婿ベーア・トビアスさん

16代目当主の娘婿として弟子入りしたのは、なんとスイス人のベーア・トビアスさんです。京都旅行で「三星園 上林三入 本店」を訪れたベーアさんは、看板娘としてお店にいた16代目の娘・ユミさんに一目惚れしたのだそう。

その後ユミさんにアプローチするなかで宇治茶の魅力に惹かれ、娘婿として弟子入りしました。まだまだ修行中とのことですが、流暢な日本語で接客する姿は日本人と変わりありません。

ベーアさんがお店に立つようになってからさらに外国からのお客さまも増えたのだそう。未来の「三星園 上林三入 本店」も楽しみですね。

初めてでも楽しめる「抹茶づくり体験」

お抹茶づくりを体験!

「三星園 上林三入 本店」の3Fにある「三休庵」では「抹茶づくり体験」ができます。宇治市内で生産された1kg5万円の高級抹茶を使った贅沢なお抹茶づくりです。

「三星園 上林三入 本店」の抹茶づくり体験

石臼をゆっくり回して抹茶を挽くと、豊かな香りが漂います。挽いていると少しずつ石臼から抹茶の粉が出てくるので、見ていると楽しくなりますよ。

「三星園 上林三入 本店」の抹茶づくり体験

挽いた抹茶を抹茶茶碗に入れて、茶せんを使ってお抹茶を点てます。丁寧に点て方を教えてくれるので、初心者でもおいしいお抹茶を点てられるので安心してくださいね。

茶菓子付き

「三星園 上林三入 本店」の抹茶づくり体験

「抹茶づくり体験」では点てたお抹茶と茶菓子を一緒に楽しめます。難しい作法などは気にせず、気軽に体験してみてはいかがでしょうか。

当日も体験できますが、予約のほうがお得に体験できるので事前予約してから訪れてくださいね。

宇治茶の歴史を学ぼう!「宇治茶資料室」

資料室が併設

「三星園 上林三入 本店」の宇治茶資料室

「宇治茶資料室」では代々「上林三入」に伝えられてきた歴史資料の保存と活用を目的に、さまざまな資料を展示しています。

将軍家御用御茶師として活躍した初代「上林三入」や宇治茶に関わる資料にふれて、宇治茶の歴史を学びましょう。

今月の展示企画

「三星園 上林三入 本店」の宇治茶資料室

2018年11月の展示企画のテーマは「諸大名好みの茶壷、古文書」です。豊臣公が愛用した「金タレ茶臼」や当時の諸大名たちにまつわる書状などが展示されています。

「宇治茶資料室」は無料で入場できるので、「抹茶づくり体験」の待ち時間や終わった後に足を運んでみましょう。

「喫茶室」でほっと一息

「三星園 上林三入 本店」のお抹茶

挽きたてのお抹茶を味わえる

「三星園 上林三入 本店」の1Fにある「喫茶室」では、挽きたての宇治抹茶と抹茶をふんだんに使った和スイーツを一緒に楽しめます。

同じ“抹茶”でも、品種によって味わいが異なる宇治抹茶。将軍家へ御用した最上抹茶「初音(税抜 850円/お菓子付き)」や、利休好み別製造「初むかし(税抜 550円/お菓子付き)」がおすすめです。

「抹茶づくり体験」が終わったら、「喫茶室」に立ち寄ってほっと一息つきませんか。

やさしい甘さの和スイーツ

「三星園 上林三入 本店」で提供する和スイーツは、おだんご・きんつば・パフェなど。夏季には「宇治金時」も提供しています。

お抹茶にぴったりのやさしい甘さにほっこり癒やされることでしょう。

「三星園 上林三入 本店」で宇治の心にふれて

京都宇治には多くのお茶屋さんがありますが、老舗「三星園 上林三入 本店」の「抹茶づくり体験」はおすすめ。平等院表参道にお店を構えているので観光スポットに近く、旅行で訪れる方にぴったりです。宇治旅行の素敵な思い出になることでしょう。

スポット情報

関連する記事

人気記事

コメント

ログインまたは 新規登録してコメント投稿しよう!

コメントを投稿しよう!