おでかけ動画マガジン

グルメ

更新 2018.01.08 | 公開 2018.01.08

スパイス使いが絶妙。大阪のインドカレー専門店「Yatara Spice」のおすすめメニュー

大阪「大正駅」から近い路地裏、ビルの2Fにあるのがスパイス使いに定評のあるカレー店「Yatara Spice(ヤタラスパイス)」。インド・ネパールを旅し、現地の人から学んだレシピでカレーを提供しているお店です。スパイスが強めのカレーはやみつきになること間違いなし。1か月のうち1週間、ダルバートのみの日があるのも大きな特徴です。

刺激的で芳しいスパイスの香りに導かれる路地裏

スパイス使いが絶妙。大阪のインドカレー専門店「Yatara Spice」のおすすめメニューの1番目の画像

大阪「大正駅」からほど近い路地裏でどこからともなく漂ってくるスパイスの香り。ビルの2Fにあるカレー専門店「Yatara Spice(ヤタラスパイス)」です。

黒い壁のビルに張り付くようにある急勾配の階段を上って行くと、ヒンディー文字の書かれたのれんが迎えてくれます。店内はカウンター7席、テーブル席1つのこぢんまりとした作り。モザイクのカウンターや木製パネルが貼られたぬくもりのある店内は、オーナー自らが手掛けたものです。

店を構えて1年半。馴染みのお客さんが足繁く通う人気店

スパイス使いが絶妙。大阪のインドカレー専門店「Yatara Spice」のおすすめメニューの2番目の画像

インドやネパールを旅して周っていたオーナー。現地で学んだスパイス使いをほぼそのままに提供しています。

もともと上本町のダイニングバーに間借りしてランチ営業をしていたお店ですが、多くの常連客の声に応え、2016年6月に満を持して大正エリアにオープンしました。スパイスの効いたカレーがブームの大阪で、特に知られる存在になっています。

3種のカレーから選ぶ?お好みで全部かけてもOK

スパイス使いが絶妙。大阪のインドカレー専門店「Yatara Spice」のおすすめメニューの3番目の画像

「本日のカレー」はその日により変わりますが、ポークやチキン、マグロなどの肉・魚系のカレーが2種類と、野菜のべジカレー1種類の計3種類のラインナップです。

2種類や3種類全部を一皿に盛り付けることもでき、混ぜるとまた新しい味わいが生まれます。看板メニューなのは「ポークマサラカレー」。ごろっとしたお肉なのにほろほろと崩れ、スパイスの風味と一緒に旨みが広がります。

「ミックス根菜カレー」は根菜の甘みとスパイスが絶妙なカレー。どれにするか選べない人は3種かけがおすすめです。

月に1週間のやさしい味わい「ダルバート」ウィーク

スパイス使いが絶妙。大阪のインドカレー専門店「Yatara Spice」のおすすめメニューの4番目の画像

「Yatara Spice」では月に1度、1週間ほど「本日のカレー」はお休みになり、ネパールの定食「ダルバート」ウィークになります。

「ダル」とは豆のスープ、「バート」とはお米のこと。ダルはネパールの家庭で毎日のように食べられる国民食で、日本人の感覚では味噌汁に近いスープなのです。

「ダルバート」とは、ダルとごはんに、肉のカレーや数種類のおかず、アチャールと呼ばれる漬物など10種類ほどがワンプレートにのった定食です。強い刺激はなく安心して食べられる、エキゾチックなのにどこか懐かしい、そんな定食です。

しっかりまぜて食べるのがインド・ネパール流

スパイス使いが絶妙。大阪のインドカレー専門店「Yatara Spice」のおすすめメニューの5番目の画像

刺激の強いスパイシーなインドのカレーも、スパイシーだけどどこかやさしいダルバートも、どちらも「Yatara Spice」の顔。スパイス使いの懐の広さを感じさせてくれます。

単独で味わってもおいしいのですが、おすすめは混ぜて食べること。数種のカレーを混ぜると新しいおいしさになり、ごはんにダルとおかずを混ぜて食べるのも現地推奨の食べ方です。プレートをしっかり汚して食べてほしいとオーナーは言います。

「Yatara Spice」は、JR大阪環状線・OsakaMtro長堀鶴見緑地線「大正駅」から北に徒歩約3分の路地にあります。完売次第閉店してしまうので、確認してお出かけしてください。ダルバートの日も併せてTwitterで確認することができます。

スポット情報

Yatara spice

Yatara spice

大阪府大阪市大正区三軒屋東1-2-5 2F

06-7502-5990

詳細はこちら

この記事が気に入ったらアカウントをフォロー

関連するキーワード

関連する記事

「グルメ」に関する人気記事ランキング

おすすめの記事