おでかけ動画マガジン

ライフスタイル

更新 2018.01.16 | 公開 2018.01.16

いざという時に慌てない!ソムリエに学ぶ「ワインの上手な注ぎ方」

みなさんは、ワインを上手に注ぐ方法をご存じですか? 実はきちんと知らないという人も多いはず。今回はソムリエが教えるワインの正しい注ぎ方についてご紹介します。

ワインの正しい注ぎ方をマスターしよう

いざという時に慌てない!ソムリエに学ぶ「ワインの上手な注ぎ方」の1番目の画像

ワインには正しい注ぎ方があります。しかし、ワインが好きで良く飲むという人でも、意外と正しい方法を知らないという人も多いのではないでしょうか。また普段からワインを飲む習慣がない人にとっては、いざというシーンが来ると慌ててしまうものです。

そこで今回は、ワインの上手な注ぎ方について詳しくまとめました。正しい方法をマスターして、友人やパートナーの前でスマートに決めてみませんか?

ワインボトルの持ち方と注ぎ方

いざという時に慌てない!ソムリエに学ぶ「ワインの上手な注ぎ方」の2番目の画像

まずはワインボトルの持ち方です。レストランやバーでは、ソムリエや店員が片手でボトルを持って注いでくれるシーンをよく目にしますが、片手で注がなければいけないという決まりはありません。重要なのはワインをこぼしてしまわないことです。

ボトルの底付近を片手でしっかりと持ち、もう一方の手で下側を支えるように持つのがスマートな持ち方とされています。そしてワインのラベルは相手に見えるように上向きにし、静かにグラスへと注いでいきましょう。

ワインの注ぐ順や注ぎ足すタイミング

いざという時に慌てない!ソムリエに学ぶ「ワインの上手な注ぎ方」の3番目の画像

つぎにワインを注ぐ順番にもマナーがります。順序は、女性が優先です。女性が二人いる場合は、年功序列で注ぎましょう。

また、ワインを注ぎ足すタイミングも重要です。ワインをすべて飲み切ったあとでも大丈夫ですが、基本的にはグラスを開いてしまわないように少量残っているタイミングで注ぎ足すのが良いとされています。

しかし、レストランなどソムリエが注いでくれる場合には、注ぎあうことはマナー違反になるケースもあるようです。女性が男性に注ぐ場合も基本的に好ましくないため、男性側が積極的に注ぐようにしましょう。

ワインの注ぐ量や注ぎ終わりのポイント

いざという時に慌てない!ソムリエに学ぶ「ワインの上手な注ぎ方」の4番目の画像

ワインの注ぐ量は、なみなみと注いではいけません。ワイングラスの3分の1程度を目安にすると良いでしょう。複数人に注ぐ場合、全員が同じ量ほどになるように注ぐのが基本です。

注ぎ終わりはワインボトルを上向きにして流れを止め、ワインボトルを少し回転させながら上に戻すようにします。このようにすることで、ワインの滴りを止めることが可能です。

今回、ワインの正しい注ぎ方についてご紹介しました。はじめはスマートに注ぐことは難しいかもしれませんが、焦らずに丁寧にゆっくりと行うことが大切です。また、友人やパートナーの前で堂々と自信を持ってワインを注ぐことができれば、好感度アップにもつながります。いざというシーンでドキドキしないためにも、この機会にしっかりマスターしておきましょう。

この記事が気に入ったらアカウントをフォロー

関連するキーワード

関連する記事

「ライフスタイル」に関する人気記事ランキング

おすすめの記事