おでかけ動画マガジン

ライフスタイル

更新 2018.01.18 | 公開 2018.01.18

特別な日に失敗しない。ソムリエから学ぶ「 ワインオープナーを使うコツ」

休日や特別な日など、自宅でワインを飲む機会もあるでしょう。そんな時に必要なのが「ワインオープナー」。使い慣れた物以外だと使い方が不安という人のために、代表的なワインオープナーの使い方をご紹介します。

一般的なワインオープナー「スクリュー式」

特別な日に失敗しない。ソムリエから学ぶ「 ワインオープナーを使うコツ」の1番目の画像

最近ではワインオープナーを使わなくても、口を回すだけのワインボトルも増えており、ワインオープナーの使い方が分からないという人も多いかもしれません。ワインオープナーとは、ワインに栓をしているコルクを開けるための道具です。

よく目にするワインオープナーはT型のスクリュー式オープナーではないでしょうか。スクリュー部分をコルクに垂直に差し込み、オープナーがコルクにくい込むように回します。スクリュー部分が下まで入ったら、思いっきり引き上げコルクを抜きましょう。ワインをこぼさないよう注意が必要です。

スマートに抜栓できる「ソムリエナイフ」

特別な日に失敗しない。ソムリエから学ぶ「 ワインオープナーを使うコツ」の2番目の画像

ワインのプロであるソムリエが、ソムリエナイフを使ってスマートにワインを開ける姿に、ワイン好きな人なら一度は憧れを持ったことがあるのではないでしょうか。難しそうに感じますが、コツをつかめば明日からでも使えるようになるでしょう。

スクリュー部分を垂直に差し込み、回しながら下へ押し込みます。テコの部分をボトルの口に引っ掛けて抜きましょう。テコの原理で抜きますが、手前に持ち上げるイメージで抜くとスムーズにコルクが上がります。

女性でも力要らず「スクリュープル」

特別な日に失敗しない。ソムリエから学ぶ「 ワインオープナーを使うコツ」の3番目の画像

力のいるスクリュー式に比べ、力の要らないオープナーがスクリュープルです。スクリュー式と原理は同じですが、女性でも簡単に抜栓ができる便利アイテム。

コルクの中央にスクリュー部分をあて、レバーを回すだけで簡単にスクリューが差し込まれます。コルクを引き抜く必要がなく、レバーを回し続けるだけで抜栓完了。力が要らず、女性や年配の方でも安心して使用できるオープナーです。

簡単便利な「ウィング型」と「電動型」

特別な日に失敗しない。ソムリエから学ぶ「 ワインオープナーを使うコツ」の4番目の画像

テコを利用してコルクを抜くウィング型のオープナーと、スイッチを押すだけの電動型オープナーは、女性や子供でも簡単に抜栓ができる優れものです。ウィング型は、スクリューをコルクに差し込むと、両側の柄の部分が段々と引き上げられていきます。それを押し下げるだけで抜栓完了です。

電動型はスイッチをONにするだけでOK。誰でも簡単に抜栓ができるオープナーといえます。電動型の注意点は電池が必要なこと。使う時に電池切れにならないよう、こまめにチェックしておくとよいでしょう。

ワインオープナーの種類や形、使い方はさまざまです。パーティなどで使ったことのないオープナーを用意されていたら、困惑してしまうかもしれません。ワインを飲む機会が多い人は、知っておいて損のないワインオープナーの使い方。難しく思われがちで、苦手意識の強い人もいるかもしれませんが、コツをつかんでスマートに抜栓してみませんか?

この記事が気に入ったらアカウントをフォロー

関連するキーワード

関連する記事

「ライフスタイル」に関する人気記事ランキング

おすすめの記事