おでかけ動画マガジン

ビューティー

更新 2018.12.26 | 公開 2018.12.05

おうちヨガのお助けアイテム!ヨガプロップス3選

おうちヨガのお助けアイテム!ヨガプロップス3選

ヨガプロップスにはさまざまな種類のアイテムがありますが、今回は自宅でヨガをするときにも役立つ「ブロック」「ボルスター」「アイピロー」のおすすめ商品3つをピックアップ。それぞれの特性と、プロップスを使ったリストラティブバージョンのヨガポーズをご紹介します。

無理のないポーズ作りをサポート「ブロック」

ヨガブロック

ヨギー・サンクチュアリから生まれたオリジナルプロップス「<ヨギー・サンクチュアリ>ヨガブロック」は、すべてを包み込む宇宙をイメージしたパワー色“cosmo”の鮮やかなブルーが印象的。

「ブロック」は、無理なくポーズを作るのをサポートしてくれるアイテムです。手と床の距離を縮めて下半身を安定させるために使用したり、弾力性とクッション性を活かして背中を伸ばす際に使用するなど、さまざまなポーズに活用できます。

「仰向けの合せきのポーズ(リストラティブバージョン)」

おうちヨガのお助けアイテム!ヨガプロップス3選の2番目の画像

「ブロック」の高さは、置き方によってハイ・ミドル・ロウの3段階に変化します。「仰向けの合せきのポーズ(リストラティブバージョン)」では、「ブロック」を横向きに置くミドルの高さで1つ、広い面を表にして置くロウの高さで2つ、そして「ボルスター」を1つ使用します。

TIP1

「ブロック」をミドルの高さで置き、その上に「ボルスター」を立てかける。

TIP2

「ボルスター」の端にお尻を合わせ横になり、膝を左右にひらいて足裏を合わせる。

TIP3

床とひらいた膝のすき間に「ブロック」をロウの高さにして置く。

■使用アイテム:ブロック×3、ボルスター×1

アーサナや休息姿勢を補助「ボルスター」

ヨガボルスター

アーサナや休息姿勢を補助するために開発されたプロップス。「<Yoga Works> ボルスター」は、ヨガスタジオ「スタジオ・ヨギー」にも常備されている定番アイテムです。カラーは4色。カバーを取り外して洗濯できるので、いつでも清潔に使用できます。

「ボルスター」は、初心者のアーサナ補助や、リストラティブ系の姿勢のサポートに効果を発揮します。広範囲でのサポートが可能なため、1つ持っておくと「ブロック」や「毛布」だけでは心もとないときにも重宝しますよ。

「チャイルドポーズ(リストラティブバージョン)」

おうちヨガのお助けアイテム!ヨガプロップス3選の4番目の画像

正座のまま体を丸めて前屈する「チャイルドポーズ」。アイテムを使って体勢をサポートしましょう。

TIP1

「ブロック」をミドルの高さで置き、その上に「ボルスター」を立てかける。

TIP2

「ボルスター」を正座した脚で挟むように膝をひらく。

TIP3

ゆっくり前に倒して前屈。上半身を「ボルスター」に委ねる。

■使用アイテム:ブロック×1、ボルスター×1

疲れを癒やすリラックスアイテム「アイピロー」

ヨガアイピロー

リストラティブや、ヨガの後の休み時間におすすめなのが「ハーブアイピロー」。ラベンダーのエッセンシャルオイルをドライハーブに染み込ませた「アイピロー」の優しい香りが、くつろぎのひとときを演出してくれます。

カバーには肌触りの良いオーガニックコットンを使用。カバーは取り外しOKです。通気性の良いアマニシード入りで、適度な重さが疲れた目を癒やしてくれます。

「しかばねのポーズ(リストラティブバージョン)」

おうちヨガのお助けアイテム!ヨガプロップス3選の6番目の画像

全身を脱力させ、疲労回復や神経を休ませる効果がある「しかばねのポーズ」。

「しかばねのポーズ(リストラティブバージョン)」では、「ブロック」を1つと「ボルスター」を1つ、そして「アイピロー」を使用することで目の疲れも軽減していきます。

TIP1

「ブロック」をミドルの高さで置き、その上に「ボルスター」を横向きに立てかける。

TIP2

「ボルスター」にももや膝裏を預けて仰向けになる。

TIP3

目の上に「アイピロー」を置いて全身の力を抜く。

■使用アイテム:アイピロー×1、ブロック×1、ボルスター×1

アイテムを活用したスムーズなポーズ作りを体験して

身体が硬くてヨガに自信がない方でも、ヨガプロップスを使用することで無理なくポーズにチャレンジすることができます。初心者の方に特におすすめなので、ぜひ試してみてはいかがでしょうか。

この記事が気に入ったらアカウントをフォロー

関連するキーワード

関連する特集

この特集のオススメ記事

関連する記事

おすすめの記事