おでかけ動画マガジン

おでかけ

更新 2018.12.17 | 公開 2018.12.17

【2019年】茨城「初日の出スポット」おすすめランキングTOP5

初日の出の鑑賞は、新年をすがすがしい気持ちで迎えるために欠かせないイベントでしょう。自然の豊かな茨城県内には、美しい初日の出を望めるおすすめスポットが多数。厳選した5か所をランキング形式で紹介します。

1位:関東平野を照らす朝日を眺める「筑波山」

筑波山

2019年日の出時刻

6:44

スポット概要

「筑波山」は朝と夕方に山肌の色合いが変化するため、”紫峰”とも呼ばれています。標高877mで、登山やハイキングなどを楽しむ人たちも多数。男体山と女体山、2つの峰に「筑波山神社」の本殿があります。

絶景ポイント

おすすめ鑑賞スポットは女体山山頂。朝日が広大な関東平野を徐々に照らします。関東平野において、地平線から昇る初日の出を最速で鑑賞できるのも魅力です。

定員

ケーブルカー107人、ロープウェイ71人(それぞれ乗務員1人含む)

料金

ケーブルカー:大人片道580円、往復1,050円/小児片道290円、往復530円
ロープウェイ:大人片道620円、往復1,100円/小児片道310円、往復550円

イベント詳細

ケーブルカー、ロープウェイの乗客先着500名に「開運小判」が進呈されます。

混雑回避方法

駐車場は大変混雑するので、夜のうちに到着していたほうがよいでしょう。また、「つくば駅・つくばセンター」「土浦駅」からのシャトルバスを上手に利用すれば、駐車場の混雑を避けられます。

スポット情報

筑波山

筑波山

茨城県つくば市筑波

029-869-8333(つくば観光コンベンション協会)

詳細はこちら

2位:障害物のない雄大な景色が望める「愛宕山」

愛宕山

2019年日の出時刻

6:46

スポット概要

標高306mの「愛宕山」は、桜の名所として知られています。天狗が住んでいたという伝説にまつわるスポットも多数。頂にある「愛宕神社」は、日本三大火防神社のひとつに数えられています。

絶景ポイント

初日の出の美しさを堪能するなら、山頂からの眺めがおすすめ。朝日が昇る太平洋側には障害物がなく、雄大な景色を楽しむことができます。

料金

無し

混雑回避方法

「あたご天狗の森」の駐車場が利用できますが、約100台分しかないため混み合います。早めに着くように動きましょう。

スポット情報

愛宕山

愛宕山

茨城県久慈郡大子町大沢

0296-77-1101(笠間市役所 商工観光課)

詳細はこちら

3位:高さ100mから関東平野を見渡せる「茨城県庁展望ロビー」

茨城県庁の画像

2019年日の出時刻

6:49

スポット概要

「茨城県庁」は水戸市内で最も高い建物です。25Fにある展望ロビーには、パンフレットコーナー、自動販売機、ベンチなどが用意されており、ゆったりと過ごせます。

絶景ポイント

「茨城県庁展望ロビー」の魅力は、地上100m高さから関東平野を一望できる開放感。全面ガラス張りになっているため、初日の出が昇る様子をしっかり鑑賞できます。

料金

無し

混雑回避方法

元旦は5:30から展望ロビーが開放され、多くの人が集まります。最寄り駅からのシャトルバスが運休になるため、543台分の駐車場も混雑するはずです。できるだけ早めの行動を心がけてください。

スポット情報

茨城県庁

茨城県庁

茨城県水戸市笠原町978-6

029-301-1111(代表)

詳細はこちら

4位:シンボルタワーからの眺めが美しい「霞ヶ浦ふれあいランド」

霞ヶ浦ふれあいランド

2019年日の出時刻

6:49

スポット概要

「霞ヶ浦ふれあいランド」は、”水”をテーマに作られたテーマパーク。映像やジオラマなどの展示で学べる「水の科学館」をはじめ、「虹の塔」「玉のミュージアム」「親水公園」といった4つの施設があります。

絶景ポイント

初日の出の絶景ポイントは、霞ヶ浦や筑波山を見渡せる高さ60mのシンボルタワー「虹の塔」。霞ヶ浦を囲む行方台地から美しい朝日が昇ります。

料金

大人600円、小人300円、3歳以下無料

イベント詳細

1月1日(火)〜3日(木)の期間、虹の塔で甘酒が配布されます。

混雑回避方法

例年通りであれば7時台の時点で200人以上が来場します。無料駐車場があるので、車でのアクセスはスムーズです。電車の場合はバスにも約50分乗車するので、時間に余裕を持ちましょう。

スポット情報

霞ヶ浦ふれあいランド

霞ヶ浦ふれあいランド

茨城県行方市玉造甲1234

0299-55-3927

詳細はこちら

5位:鳥居と初日の出が織りなす絶景「大洗海岸」

大洗海岸の画像

2019年日の出時刻

6:49

スポット概要

「大洗海岸」は、日本の渚百選・日本の白砂青松百選に選ばれています。海水浴、マリンスポーツのほか、釣りや磯遊びなどが楽しめるスポットです。

絶景ポイント

初日の出の絶景ポイントは、平安時代前期に神が降り立ったといわれている「神磯の鳥居」がある付近。鳥居を照らす朝日と荒波のしぶきが、1枚の絵画のように崇高な景色を生み出します。

料金

無し

イベント詳細

大洗観光情報センター下にて、6:00より先着400名に「はまぐり汁」を配布。大洗町郷土芸能団体「磯囃子会」が演奏する「初日の出一番太鼓」も楽しめます。

混雑回避方法

人気が高い「神磯の鳥居」付近を避ければ、混雑を避けられます。県営駐車場(1,100台収容)と町営駐車場(7,000台収容)は24時間無料で開放。時間に余裕を持って行くようにしましょう。

電車の場合はJR常磐線「水戸駅」からバスで30分ほどですが、混雑を避けるため、鹿島臨海鉄道「大洗駅」から徒歩30分の道のりを散歩するのも良いかもしれません。

スポット情報

大洗海岸

大洗海岸

茨城県東茨城郡大洗町磯浜町地先

029-266-0788(大洗観光協会)

詳細はこちら

初日の出とともに新年をフレッシュな気持ちでスタート

茨城県内で人気の初日の出鑑賞スポットをランキング形式でご紹介しました。近郊にお住まいの方はもちろん、泊まりがけで初日の出鑑賞を考えている方もぜひ参考にしてみてください。新しい年の始まりを美しい日の出とともにお祝いすれば、心もリフレッシュできること間違いなしですよ。

この記事が気に入ったらアカウントをフォロー

関連する記事

おすすめの記事