おでかけ動画マガジン

グルメ

公開 2018.12.06

本格派イタリアンバル!大阪・京橋「溺れる肴(oboreru sakana)」

各線「京橋駅」から徒歩5分、大阪・都島区にあるイタリアンバル「溺れる肴(oboreru sakana)」。おひとりさまでも入りやすいカジュアルな雰囲気の店内は、連日多くの方でにぎわっています。おすすめのメニューなど、お店の魅力についてご紹介します。

ルトロン限定特典

お会計10%オフ!

溺れる肴(oboreru sakana)

有効期限:2019年6月6日(木)23時59分まで

詳細はこちら

大阪・京橋にある「溺れる肴(oboreru sakana)」は、カジュアルな雰囲気のなか、本格的な料理が楽しめるイタリアンバルです。芦屋のレストランで長年腕を磨いた料理長が手がける絶品イタリアンを、ワインとともにいただいてみませんか。

カジュアルさが魅力のイタリアンバル

溺れる肴(oboreru sakana)

大型ショッピング施設や商店街のほか、多くの飲食店が立ち並ぶ、活気あふれる街「京橋」。そんな街にひっそりと佇むのが、イタリアンバル「溺れる肴(oboreru sakana)」です。各線「京橋駅」から徒歩5分ほどのところにあるお店は、連日多くの方でにぎわっています。

カウンターがメインのアットホームなお店

溺れる肴(oboreru sakana)

店内には、黄色いタイルがおしゃれなカウンター席と、バルらしいハイチェアのテーブル席が計16席。深夜2:00まで営業しているので、2次会での利用にもおすすめです。

おひとりさまOK!気軽に本格的な料理がいただける

溺れる肴(oboreru sakana)

「溺れる肴(oboreru sakana)」では、仲間との食事はもちろん、仕事帰りに一人でふらっと訪れる方も多いのだそう。おひとりさまでも気兼ねなく食事が楽しめます。

気さくなスタッフがお出迎え

和やかな空間を作り出しているのは、兵庫県・三宮のフランス料理店に務めていた店長と、芦屋のイタリアンレストランで腕を磨いた料理長の二人。肩肘張らず、気軽に本格的な料理がいただけるお店づくりを目指しています。スタッフとの会話を楽しみながら、絶品イタリアンをいただいてみませんか。

「溺れる肴(oboreru sakana)」おすすめメニュー

名物アンチョビクリームのスパゲッティ

名物アンチョビクリームのスパゲッティ

焦がしアンチョビバターと生クリームをたっぷり使った、ここでしかいただけない「名物アンチョビクリームのスパゲッティ(1,280円)」。濃厚な味わいに、思わずお酒が進みます。

アクアパッツァ

アクアパッツァ

白身魚とアサリ、トマトを水だけで豪快に煮込んだ、南イタリアの郷土料理「アクアパッツァ(1,490円)」。魚介の旨みたっぷりのスープに、やみつきになること間違いなし。残ったスープは、プラス400円でリゾットまたはスパゲッティにもできますよ。

メニューにないものも注文OK!?

「溺れる肴(oboreru sakana)」では、材料さえあればメニューにない料理も提供してくれるのだそう。形に縛られない、自由な雰囲気が訪れる人々を魅了しています。

和やかな空間で絶品イタリアンを楽しんで

「溺れる肴(oboreru sakana)」

連日、多くの方でにぎわう「溺れる肴(oboreru sakana)」では、17:00~19:00の早めの時間帯が比較的空いているそう。気さくなスタッフが迎えてくれる和やかな雰囲気のなか、本格イタリアンをいただいてみてはいかがでしょうか。

お会計10%オフ!

お会計10%オフ!

特典はアプリからご利用いただけます。

スポット情報

溺れる肴(oboreru sakana)

溺れる肴(oboreru sakana)

大阪府大阪市都島区片町2-6-2 B1

06-6351-3885

特典あり

詳細はこちら

この記事が気に入ったらアカウントをフォロー

関連する特集

この特集のオススメ記事

関連する記事

おすすめの記事