おでかけ動画マガジン

ライフスタイル

更新 2016.12.18 | 公開 2016.12.18

大人の常識!? シャンパーニュグラスのおすすめ種類と洗い方・拭き方

実は、シャンパーニュグラスにもいろいろ種類があったのを知っていますか? 同じシャンパーニュでも、グラスの形が違えば、見た目も香りも一味違って感じられます。また、キレイなグラスをたいせつに保管するための洗い方や拭き方も覚えておきましょう。

ソーサー型

大人の常識!? シャンパーニュグラスのおすすめ種類と洗い方・拭き方の1番目の画像

見た目が華やかなのでパーティや結婚式などでよく使われます。
注ぐ時、泡立ちを気にすることなく一回で注げるので大勢に提供するシーンに向いています。

フルート型

大人の常識!? シャンパーニュグラスのおすすめ種類と洗い方・拭き方の2番目の画像

すっきり系のシャンパーニュにオススメです。また、シャンパーニュグラスの底にはわざと小さな傷があるので、泡が綺麗にのぼっていきます。香りも逃げにくく、継続して泡が保たれるのも特徴です。

ヴィンテージシャンパーニュグラス

大人の常識!? シャンパーニュグラスのおすすめ種類と洗い方・拭き方の3番目の画像

ふくらみのあるグラスなので熟成したシャンパーニュに合います。豊かな香りが一番継続して感じやすく、最近のレストランなどで主流になりつつあります。シャンパーニュの香りをより楽しみたい方には、こちらのグラスがおすすめです。

シャンパーニュグラスは熱湯ですすぐ!

大人の常識!? シャンパーニュグラスのおすすめ種類と洗い方・拭き方の4番目の画像

水ですすいだ後に付いてしまう水垢が、熱湯ですすいで熱いうちに拭き取ることで、水滴が綺麗に拭き取れ、すぐに乾燥してくれるのでピカピカなグラスになります。

シャンパーニュグラスの構造を理解!

大人の常識!? シャンパーニュグラスのおすすめ種類と洗い方・拭き方の5番目の画像

ワイングラスはボウルとステム(脚の部分)が別々で作られ、溶接されています。同時に洗うなど力を入れすぎると割れる原因になるので、ボウルとステム(脚の部分)は別々に拭きましょう。さらに、割れる原因に多いのは酔ったまま洗っていること。飲んだ日はすすぎだけしておき、翌朝洗いましょう。

TPOに合わせてグラスを選べれば、シャンパーニュをもっと美味しく味わえるはず。そして、せっかく美味しく楽しんだ後は、丁寧にグラスを扱わないと大人失格! いつまでも美しく保管できる洗い方や拭き方もきちんとマスターして、お気に入りのグラスを長持ちさせましょう。

レコール・デュ・ヴァン

出典:https://www.duvin.jp/message/tanabe.html

この記事が気に入ったらアカウントをフォロー

関連するキーワード

関連する記事

「ライフスタイル」に関する人気記事ランキング

おすすめの記事