おでかけ動画マガジン

グルメ

更新 2016.12.27 | 公開 2016.12.27

銀座の老舗でモーニングを楽しむ・「トリコロール本店」へのアクセス、メニューまとめ

多くの人に愛されている老舗カフェ「トリコロール本店」。創業当時のヨーロピアンな空間が今もなお、お客さんを温かく出迎えます。最寄り駅からのアクセス、朝食のメニューや系列店についてまとめました。

トリコロール本店、入ったことはありますか?

銀座の真ん中にあるコーヒーの老舗「トリコロール本店」。上品な店構えと確かな品質で、名だたる作家や文化人など今なお多くの人に愛されている銘店です。店舗を運営している株式会社トリコロールは、全国の百貨店やレジャー施設にもさまざまな飲食店を展開しています。
とはいえ、格式の高いお店だということで、気後れしてなかなか入店できない方も多いのではないでしょうか。この記事では、そんな「トリコロール本店」に関する情報をまとめています。今年の冬は、目と舌で本物を体験してみましょう。

銀座の老舗でモーニングを楽しむ・「トリコロール本店」へのアクセス、メニューまとめの1番目の画像

創業80年は伊達じゃない

「トリコロール」は、1936年(昭和11年)に、銀座に創業しました。このお店を作ったのはコーヒー文化を広めてきたKEY COFFEEの創業者です。
現在のレトロな建物は戦後に再建されたもの。戦火によって消失してしまった創業当時の店舗が忠実に再現されており、入り口の回転扉をくぐるとヨーロピアンな空間がお客さんを出迎えます。天井の高い室内を照らすのはモダンな照明、壁には細かい装飾が施され、家具や小物のひとつひとつにお店の世界観を維持するこわだりを感じます。
多くの人に愛されている「トリコロール本店」は、戦後の混乱期にいち早くコーヒーを提供したというエピソードも残っています。コーヒー一杯で、どれだけ多くの人がホッと一息つくことができたのでしょうか。お客さんのため、人のための気遣いを率先して実行してきたことが、今も愛されている秘訣なのかもしれません。

銀座の老舗でモーニングを楽しむ・「トリコロール本店」へのアクセス、メニューまとめの2番目の画像

駅から歩いてお店を探そう

「トリコロール本店」は、銀座にあります。

銀座の老舗でモーニングを楽しむ・「トリコロール本店」へのアクセス、メニューまとめの3番目の画像

電車の場合

最寄り駅は、東京メトロ日比谷線の「東銀座駅」です。「ミレニアムガーデンホテル三井」や「エステティック・ミスパリ銀座本店」の前を通り抜け、「デリリウムカフェ ギンザ」のある角の路地を直進します。突き当りを左折して少し進むと、レンガ造りの特徴的な建物が見えてくるはずです。駅から徒歩で約5分程度の道のりです。少し奥まった場所にありますので、あらかじめ地図で確認をしておきましょう。

車の場合

「首都高速都心環状線」の銀座から、晴海通りを銀座の方へ向かいます。お店の前は一方通行のようですので、「銀座四丁目」の信号で左折し「銀座五丁目」の信号で更に左折、曲がってすぐにある「三井住友銀行 銀座支店」を左折すると見えてくるはずです。駐車場はありませんので、近隣のコインパーキングを利用しましょう。路上駐車はやめましょう。

営業は朝8:00から

「トリコロール本店」は、朝8:00から営業しています。平日(月~金)は20:30(ラストオーダーは20:00)まで、土日は21:30(ラストオーダーは21:00)までとなっています。曜日を問わず同じ時間から開店しているので、平日は仕事前の朝に1人で、土日は家族や友人と昼間に訪ねるなど、時と場合に応じて利用することができますよ。

銀座の老舗でモーニングを楽しむ・「トリコロール本店」へのアクセス、メニューまとめの4番目の画像

せっかくなら本物のコーヒーを楽しもう

銀座のオフィスビルで働く人も足繁く通って食べているという「トリコロール本店」のモーニングは、リーズナブルでサッと食べることができるのが魅力です。

モーニングセット(780円~)

シンプルな厚切りトーストはフワフワとしており、ペロリと食べてしまいます。サラダまでしっかり食べたあとは、コーヒーで一服。上品な香りに包まれて、今日も1日頑張ろうという気合いが入りますよ。

銀座の老舗でモーニングを楽しむ・「トリコロール本店」へのアクセス、メニューまとめの5番目の画像

アップルパイ(570円)

りんごの皮をむくところから、丁寧に店内で作らているアップルパイ。パリッとしたパイ生地と甘いりんごが重なって、絶妙なハーモニーを生み出す人気メニューです。ちょっと食欲が無い時、元気が足りない時に注文してみてはいかがでしょうか。

銀座の老舗でモーニングを楽しむ・「トリコロール本店」へのアクセス、メニューまとめの6番目の画像

アンティークブレンドコーヒー(440円)

中南米の高地で栽培された豆を独自ブレンドしています。オーダーを受けてから豆を挽くので、とにかく香りが素敵!これを飲むと違いの分かる女になれそうな…本物ってこういうことなんだとプロの仕事を実感できますよ。ちなみに女性にはカフェオレ(480円)の方が人気のようです。なお上記の440円はモーニングの価格ですので、時間帯によって変化する可能性があります。店頭などで確認してくださいね。

銀座の老舗でモーニングを楽しむ・「トリコロール本店」へのアクセス、メニューまとめの7番目の画像

銀座の老舗でモーニングを楽しむ・「トリコロール本店」へのアクセス、メニューまとめの8番目の画像

札幌や仙台、名古屋にお住まいの皆様、ご存知ですか?

「銀座トリコロール」と名のつくお店は、札幌・仙台・東京・名古屋にあります。各店舗によって営業時間等が異なりますので、モーニングの有無等、詳細は各店舗にお問い合わせください。(ラストオーダーは、営業終了30分前となっています)

銀座トリコロール 札幌三越店(三越札幌店4階)

営業時間:11:00~19:00

銀座トリコロール 仙台三越店(仙台三越1階)

営業時間:10:00~19:00

銀座トリコロール 池袋ISP店(池袋ショッピングパーク内)

営業時間:月~土は9:00~20:30、日祝は9:00~20:00

銀座トリコロール 玉川高島屋SC店(玉川高島屋SC南館5階)

営業時間:10:00~21:00

銀座トリコロール 名古屋松坂屋店(名古屋松坂屋北館地下1階)

営業時間:9:00~20:00

銀座の老舗でモーニングを楽しむ・「トリコロール本店」へのアクセス、メニューまとめの9番目の画像

厳しい社内テストで合格したプロが淹れてくれるコーヒーは、豊かな安らぎをもたらす珠玉の一杯。最近は手軽に飲めるコーヒーも増えていますが、たまにはゆっくり時間をとって、コーヒーを味わってみてはいかがでしょうか。

スポット情報

トリコロール本店

トリコロール本店

東京都中央区銀座5-9-17

03-3571-1811

詳細はこちら

この記事が気に入ったらアカウントをフォロー

関連するキーワード

関連する記事

おすすめの記事