おでかけ動画マガジン

ニュース

更新 2019.01.16 | 公開 2019.01.16

映画版「コンフィデンスマンJP」豪華新キャスト&予告編解禁!

「コンフィデンスマンJP」メイン3名

2018年4月期の月9ドラマ『コンフィデンスマンJP』が映画化され、2019年5月17日(金)に全国公開されます。ドラマのみどころや超豪華な追加キャスト、完成した予告編などをご紹介。「皆、まんまと騙されたでしょう?」をスクリーンで聞けるチャンスです。

『コンフィデンスマンJP』2019年5月映画化決定!

総合視聴率15.1%、2018年6月度ギャラクシー賞月間賞など数々の賞を受賞して注目を集めたドラマ『コンフィデンスマンJP』。

ドラマ放送第9話のラストで“映画化決定”が発表されましたが、「実はこれも詐欺なんじゃないか?」と映画化を疑う声も。そんな大人気ドラマ『コンフィデンスマンJP』が“本当に”映画化することが決定しました。

ドラマ『リーガルハイ』シリーズや、映画『ALWAYS 三丁目の夕日』などの脚本を務めた古沢良太さんが、映画版『コンフィデンスマンJP』を手がけます。

『コンフィデンスマンJP』ストーリー

コンフィデンスマンJP

出典:PRTIMES

『コンフィデンスマンJP』は、“欲望”や“金”をテーマにした痛快エンターテインメントコメディー作品です。

平凡で善良そうな「ダー子」「ボクちゃん」「リチャード」という3人の信用詐欺師たちが、さまざまな業界の華やかな世界を舞台に、欲にまみれた人たちから大金をだましとります。

映画版『コンフィデンスマンJP』予告編解禁!

映画版『コンフィデンスマンJP』の舞台は香港。「ダー子」「ボクちゃん」「リチャード」の3人の信用詐欺師たちが、世界最高のダイヤをねらって“コンゲーム(信用詐欺)”を繰り広げる予告編が公開されました。

予告編

特報

映画版『コンフィデンスマンJP』キャストは?

出演キャストは、ダー子役を長澤まさみさん、ボクちゃん役を東出昌大さん、リチャード役を小日向文世さんが、ドラマから続役を務めます。

主演の長澤まさみさんは、「今回は“愛”がテーマということで、ダー子に対して人間味を感じられる物語になっているので、そこにも注目してほしいですね」とコメント。映画版への意気込みを語りました。

新キャスト「竹内結子・三浦春馬・江口洋介」が参戦!

映画版『コンフィデンスマンJP』には、新たな豪華キャストも登場。香港マフィアの女帝ラン・リウ役に竹内結子さん、天才恋愛詐欺師ジェシー役に三浦春馬さん、公益財団「あかぼし」の会長・赤星栄介役を江口洋介さんが演じます。

映画版『コンフィデンスマンJP』概要

タイトル

コンフィデンスマンJP

公開日

2019年5月17日(金)

キャスト

ダー子:長澤まさみ
ボクちゃん:東出昌大
リチャード:小日向文世
ラン・リウ:竹内結子
ジェシー:三浦春馬
赤星栄介:江口洋介

脚本・監督

脚本:古沢良太
監督:田中亮

詳細

©Fuji Television Network,inc

この記事が気に入ったらアカウントをフォロー

関連する記事

おすすめの記事