おでかけ動画マガジン

ヨガで脚のむくみすっきり!疲労回復を促すおすすめポーズ

配信 2018.08.15 | 更新 2018.08.15

ヨガで脚のむくみすっきり!疲労回復を促すおすすめポーズ

デスクワークや立ち仕事で、つらい足のむくみに悩む方も多いのでは。今回はそんな悩みを解消する、脚の疲労回復を促すヨガをご紹介します。疲れた体をゆっくりほぐして、その日のむくみはその日のうちに撃退しましょう。

脚が疲れた日の簡単ヨガ「下向きの犬のポーズ」

[ ]

下向きの犬のポーズ

全身の疲れを取る効果が期待できる「アドー・ムカ・シュヴァーナ・アーサナ」。別名「ダウンドッグ」と呼ばれる、ヨガの基本動作の1つです。特にふくらはぎなど脚全体の倦怠感を感じるときにおすすめ。

正座の姿勢から上体を前方に伸ばす

まずは正座の体勢から四つん這いになります。手を前に歩かせて脚を後ろに引き、腰を上げましょう。手で床を押すようなイメージでしっかり体を支えます。

腰を引き上げかかとを下ろそうとする

かかとを無理につけようとしたり、膝を伸ばそうとすると、余計に筋肉が緊張してしまいます。柔軟性に合わせて無理のない体勢で行うのがポイント。

骨盤を斜め後方へ引き上げる

肩が内側に入らないように両脇を上に持ち上げ、骨盤を斜め後方へとひっぱるイメージで背筋をしっかり伸ばします。頭は背骨の延長線上に来るように、自然に下げましょう。

特典あり

店舗詳細を見る

スタジオ・ヨギー

SHOP INFO

スタジオ・ヨギー[スタジオヨギー]

東京都千代田区有楽町1-7-1 有楽町電気ビル南館2F

03-6212-6851

初心者にもおすすめ!脚の筋肉をほぐす「戦士のポーズ1」

[ ]

戦士のポーズ1

脚のむくみをとりたいときは「ヴィーラバドラ・アーサナⅠ」。お尻やアキレス腱を伸ばして、筋肉をしっかりほぐします。比較的簡単に行えるため、初心者にもおすすめです。

右脚を後ろに引き 足先を外側に向ける

脚を前後に大きく開いた状態にして、両手を腰に当てます。おへそが外側に向かないように上半身は正面を意識したまま、後ろに引いた脚のつま先を少し外側に向けましょう。

かかとの真上までひざを曲げる

前に開いた脚は、ひざがかかとの真上に来るように曲げます。ひざが直角になるのを目安に、腰を落としましょう。

足裏で床を踏みしめ両手を上に上げる

両足でしっかりと床を踏みしめ、下半身を安定させるのがポイント。両腕を上げ、背筋をしっかり伸ばしましょう。顔は自然に斜め上を見上げます。

特典あり

店舗詳細を見る

スタジオ・ヨギー

SHOP INFO

スタジオ・ヨギー[スタジオヨギー]

東京都千代田区有楽町1-7-1 有楽町電気ビル南館2F

03-6212-6851

美しくヨガを楽しむなら「美脚レギンス」がおすすめ

[ ]

美しくヨガを楽しむなら「美脚レギンス」がおすすめ

おしゃれをしてヨガを楽しみたいけど、お尻や脚を気にして太めのボトムスを履きがちという方も多いのでは。そこで、気になる体型をカバーしてくれる「美脚レギンス」の魅力をご紹介します。お気に入りのヨガウェアで美しくヨガを楽しみませんか。

“足首すっきり”が細見えの秘訣

足首を見せるアンクル丈のレギンスは体のラインをより美しく強調してくれます。コーディネートを邪魔しないシンプルなデザインは、レッスン中はもちろん私服としても活躍。

動きの邪魔をせず脚長効果も期待できる

動きやすくて履き心地がいいこともレギンス選びのポイント。縦ラインを強調してくれる、さりげない装飾やステッチが入ったものなら、脚長効果も期待できます。

速乾性抜群なのがうれしい

さらりとした着心地の速乾性抜群のレギンスなら、汗をかいたときのウェアのべたつきや不快感を軽減。集中力を切らすことなくヨガが楽しめますよ。

深い呼吸で自律神経を整えるポーズで夏に負けない体に!

[ ]

深い呼吸で自律神経を整えて夏に負けない体に

夏はクーラーが効いた室内と日差しが照りつける屋外との寒暖差に、体が疲れてしまうことも。そんなときは、スムーズな呼吸を促すヨガで自律神経を整え、体の対応力と回復力を高めましょう。筋肉をバランスよく使い全身をほぐすことで、代謝アップにもつながります。夏の暑さに負けない健やかな体を目指しませんか。

肩甲骨を広げて深い呼吸を促す「鷲のポーズ」

胸の前に肘を持ってくるようにして両腕を組む鷲のポーズ「ガルーダ・アーサナ」。肩甲骨を左右に開いて肩関節を柔軟にすることで息の入る空間を広げ、深い呼吸を促します。

インナーマッスルを鍛えて代謝アップ「門のポーズ」

体の側面を伸ばす門のポーズ「パリガ・アーサナ」。膝を床につけた状態で腕を遠くに伸ばすことで、より効果的なストレッチが期待できます。深層の筋肉を刺激して代謝を促しましょう。

呼吸をスムーズにする「肩立ちの橋のポーズ」

床に寝た状態から、膝を立ててお尻を持ち上げる肩立ちの橋のポーズ「セツバンダ・サルワーンガ・アーサナ」。デスクワークなどで縮こまりがちな体の前面を開きます。気持ちを落ち着かせるセラピー効果も。

お悩み:がんばり過ぎないことと、自分に甘くなることの見極めが難しいです。

[ ]

お悩み:がんばり過ぎないことと、自分に甘くなることの見極めが難しいです。

“がんばり過ぎてはいけない”といわれるヨガ。その見極めに悩む方も多いのでは。周囲を気にせず自分のペースで行うために「がんばり過ぎないことと、自分に甘くなることの見極め」に必要なポイントをご紹介します。

自分の体と心をよく知ること

自分の体をよく知ることは、自分自身での“見極め”の判断を信頼することに繋がります。周囲の言葉を気にせず、自分の意志を大切にしましょう。

自分なりのがんばりで“できるだけ”を尽くす

“精一杯生きること”を学ぶヨガでは、それと同時に“調和=ちょうどいい感じ”のために尽くすことも大切。周囲と比べず、自分なりのいい感じのがんばりで行いましょう。

自分にしか境目は分からない

向上心とがんばり過ぎの境目は「こうありたい」、「こうならなければ」など、自我意識のレベルによって変わってくるもの。結局は自分にしか境目は分かりません。

関連する記事