ルトロン

おでかけ動画マガジン

「不眠解消ヨガポーズ」で寝苦しい熱帯夜もぐっすり快眠

配信 2018.08.22 | 更新 2018.08.22

「不眠解消ヨガポーズ」で寝苦しい熱帯夜もぐっすり快眠

猛暑が続き寝苦しい夏の夜や、疲れが溜まって眠りが浅いときにおすすめの「体側を伸ばすポーズ」、「花輪のポーズ」をご紹介。 ポーズのとり方とコツをまとめました。

腰痛にも効果的な「体側を伸ばすポーズ」

[ ]

「体側を伸ばすポーズ」をする女性

「ウッティタ・パールシュヴァコーナ・アーサナ」という体側を伸ばすポーズについてご紹介します。 股関節を柔軟にしたり、腰痛の緩和にも効果的なポーズです。

右足を前に出し外側へ広げる

正座の状態からひざ立ちになり、脚幅を広げてつま先を立て、力強く踏みしめます。 次に右足を前に出して、外側へ広げます。 反対の脚は、腰の真下にひざを置いてくださいね。

もものつけ根から体を倒しひじをひざに乗せる

上半身をもものつけ根からしっかりと倒し、腕をひざの上に乗せます。 手のひらは上に向けてください。

上の腕を高く伸ばす

反対の腕を頭の横まで上げ、手のひらを下に向けて指先を遠くに伸ばすようにします。 ひじで脚を押し体側を伸ばすときは、おへそをやや正面に向けるのがポイント。 上げていた腕と立てていたひざを戻し、両ひざをそろえます。 反対側も同様に。

疲れを溜めない体をつくる「花輪のポーズ」

[ ]

「火輪のポーズ」をする女性

眠りが浅いときにおすすめの「合掌した花輪のポーズ」です。 胸をしっかりと開いて、深い呼吸を意識し、疲れを溜めない体を目指しましょう。

胸の前で両手を合わせて立つ

骨盤を中心に上下に伸びるようなイメージで、肩の力を抜いてまっすぐ立ちます。 次に、両手を胸の前で合わせ、両足を腰幅よりやや広めに開いてつま先を少し外側に向けます。

ゆっくりとしゃがむ

両手を合わせたまましゃがみ、ひざの内側で上腕を押し合います。 そして背骨を伸ばすと綺麗な「花輪のポーズ」になりますよ。 背中が丸まらないように注意してくださいね。

ひじとひざの内側で押し合う

両手をしっかり合わせたまま、床と前腕を平行にして、ひじとひざの内側で互いを押し合います。 胸をしっかり引き上げて、お腹でしっかり呼吸するのがポイントですよ。

自宅からそのまま着て行ける!私服のようなヨガウェア

[ ]

People Treeの「& Organic 半袖ワンピース」を着た女性

ヨガのレッスン前、私服からウェアに着替えるのって少し面倒ですよね。 「私服ヨガウェア」で、自宅からヨガウェアを着て出かけませんか?

ヨギー・サンクチュアリ「フラッフィージップアップフーディー」

お尻まですっぽり隠れるコクーンシルエットで、体型が気になる方でも安心して着られます。 やわらかい肌触りの生地は吸水性に優れており、汗をかいても快適な着心地です。

People Tree「& Organic 半袖ワンピース」

ゆったりとしたシルエットで、ひざ下まである丈感ながら動きやすさも抜群。 質感のいいオーガニックコットン素材なので、汗をかいてもさらりと快適に過ごせますよ。

ヨギー・サンクチュアリ「カシュクールロンパース」

Vネックが首まわりをすっきり見せてくれるうれしいデザインです。 胸元と袖口にギャザーが入っていて、ウエストの位置は紐で結んで調節できます。 伸縮性があり、動きやすさも抜群です。

開脚して前屈するのが苦手な人におすすめのアイテム

[ ]

ブランケットを使って前屈する女性

前屈すると、腰が丸まってしまいませんか。 開脚した状態で前屈ができない主な原因は、股関節のかたさです。股関節をやわらかくするためのおすすめの方法をご紹介します。

股関節をやわらかくするためのおすすめの方法

壁に寄りかかって座ります。 壁にお尻、肩、後頭部(上顎)を押し付け、背筋をまっすぐにします。 内ももが伸びると、股関節のやわらかさが出てきますよ。

ブランケットを使った方法

ブランケットの高さを、腰が床に対して垂直に立ちやすくなるように調整し、浅く座ります。 ひざの下にも敷いてくださいね。 この姿勢でしばらく呼吸します。

股関節がかたくて前屈がしづらい人は...

股関節の筋肉をほぐしてください。 腰を立てて背を伸ばすことで、伸びを感じることができますよ。 伸びてほしい場所が効果的に伸びると、前屈が心地よくなります。

運動嫌いの大人の体は、どこまで変化する?

[ ]

ヨガを楽しむ女性

大人になってからの体はどこまで鍛えられるのか、スポーツトレーナーでもある解剖学講師の中井先生に聞いてみました。

30歳を過ぎてから走りはじめても、体は変わる?

「30歳代からでも十分に有酸素能力の向上が期待できます。 また、走るのが苦手な人は、筋力トレーニングからはじめても良いかもしれません。」

ヨガを続けると、体はやわらかくなる?

「骨の周囲がくっついていると、ヨガでは改善しません。 筋・筋膜の柔軟性は、ヨガなどで改善が見られます。 身体の使い方は、適切な体幹の安定性を習得すると改善することがあります。」

運動が苦手な大人も大丈夫

運動が苦手なまま大人になっても、体を動かし、筋肉を鍛えれば、走るのも夢ではありません。 体はいくつになっても応えてくれます。

関連する記事