おでかけ動画マガジン

手土産に持って行きたい。見た目も味わえる新感覚和菓子

6月16日は和菓子の日。全国和菓子協会が制定したこの日の由来は、疫病が流行していた嘉祥(かしょう、かじょう)元年の848年6月16日に任明天皇が神前に厄除け祈願でお菓子をお供えしたことがはじまりだそうです。これを「嘉祥の儀」と称し、それから毎年の毎年6月16日に行われ、現在に浸透していったとのこと。そんな和菓子の日に、手土産として持って行きたくなるような、見た目も味わえる新感覚和菓子を紹介します。

手土産に持って行きたい。見た目も味わえる新感覚和菓子の記事一覧(1ページ目)